Meek MillがJay-ZとBeyonceとの気まずい夕食の思い出を語る

先週金曜日にニューアルバム『Championships』をリリースしたMeek Mill。同作には長くビーフを行なっていたDrakeとのコラボ曲“Going Bad”が収録されていることも話題となっているが、そんなMeek MillがまだDrakeとのビーフの真っ最中だった時期のエピソードを披露している。

Tidalのインタビューに登場したMeek Millは、まだNicki Minajと交際中だった時期にJay-Z & Beyonce夫妻とダブルデートを行なった思い出を語った。Jay-Z、Beyonce、Meek Mill、Nicki Minajの四人で夕食の席を囲んでいたときのこと。Beyonceが目の前にいることにMeek Millが興奮するなど和やかに談笑している最中、突如DrakeのMeek Millディス曲“Back to Back”が流れ出したのだという。夕食時のプレイリストをJay-Zが事前に作っており、そこに“Back to Back”が入っていたそう。“Back to Back”はMeek MillとNicki Minajの関係を茶化すような歌詞も含まれているため、その場は酷く気まずい雰囲気になったに違いない。

Meek Millはその経験について「BeyonceもNickiも“何が起こったんだ?”って感じだったよ。今でもそのことをメールで話してる」と笑いながら振り返っている。

DrakeとMeek Millのビーフは殺伐としたものだったが、何事も時間が経てば笑って振り返れるのかもしれない。

RELATED

Jay-Zがアリゾナ州フェニックスで警察から銃で脅迫を受けた家族のために弁護士を雇う

アメリカでは、警察による有色人種への差別や不当な取り調べが長らく問題視され続けている。先月、アリゾナ州フェニックスである家族が警察によって理不尽な取り調べを受けた上に銃で脅迫された事件が発生し、その解決のためにJay-Zが動いているようだ。

ウォリアーズがNBAファイナル第3戦の試合前にPusha TのDrakeディス曲をプレイしておちょくる

過熱するNBAファイナルと同時に、ラプターズを応援するDrakeとウォリアーズのコート外でのバトルも盛り上がりをみせている。

NBAファイナルの影響でDrakeの楽曲がベイエリアのラジオ局で放送禁止に

今年のNBAファイナルはゴールデンステート・ウォリアーズとトロント・ラプターズの顔合わせとなっている。両者1勝ずつで本日第3戦が行われているが、ラプターズを後押しするDrakeのおかげでヒップホップファンも興味津々となっているようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。