故Mac Millerが密かに開設していたInstagramのギャグアカウントが見つかる

今年の9月、突然この世を去ったMac Miller。彼は生前、Mac Millerという名前だけでなく、Larry FishermanやDelusional Thomas、Easy Macなど様々な名義を持つとともに色々な側面を持っていることでも知られていた。

そんな中、彼の死後、また新たな一面が明らかになった。彼のもう一つのInstagramアカウントが見つかったのだ。
@cloudywithchancefawesome69というユーザー名のこのアカウントで彼は自身をLarsとしてVapeの技を披露する動画を投稿。

投稿の1つではミニトマトを鼻の穴に入れ、Vapeの煙で飛ばすという技を披露しており、彼らしいチャーミングな一面を覗かせている。

#Bloopers #LMFAO #nottheband #butidolikesomeoftheirsongs #partyrock

Lars ☁️さん(@cloudywithachanceofawesome69)がシェアした投稿 -

最後の投稿が去年の7月7日であることからも分かるが、長らくこのアカウントは動かしていなかったようだ。

また、Mac Millerのアカウントがフォロワー数531万人なのに対し、このアカウントのフォロワーは約7万人と大きく離れており、今までこのアカウントが話題にならなかったのが少し意外にも思える。

 

 

RELATED

Coachella 2019でKid CudiとChildish GambinoがMac MillerとNipsey Hussleを追悼

先週土曜日から3日間に渡って開催されているCoachella 2019の1週目。その2日目となる昨日にライブを行なったKid Cudiが、昨年死去したMac Millerと今月頭に銃撃によって命を落としたNipsey Hussleに捧げるパフォーマンスを行なった。

Madlibが故Mac Millerとのコラボアルバム『Maclib』はまとまった作品にはなっていないと語る

先月、プロデューサーのThelonious Martinがインタビューでその存在に言及して以来、リリースが待ち望まれていた故Mac MillerとMadlibによるコラボプロジェクト『Maclib』。MadlibがDJで同作からの楽曲をプレイしたことから近いうちにリリースされるのではないか、と見込まれていた同作だが、Madlib自身が「Mac Millerとのプロジェクトをリリースする公式の予定はない」と発表した。

Madlibが故Mac Millerとの未発表曲をDJ中にプレイ|コラボアルバム『Maclib』からの楽曲か

昨年9月に急逝し世界中に衝撃を与えたMac Miller。彼とMadlibとのコラボアルバム『Maclib』の存在が噂されている中、Madlibが自身のDJで同作からと見られるMac Millerをフィーチャーした未発表曲をプレイし、話題となっている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。