ItaqによるEPが粗悪ビーツが完全プロデュースでリリースへ | "神に選ばれた男"のミュージックビデオも公開

先日発売した最新アルバム『Crude』も大きな話題となっている粗悪ビーツの主宰する粗悪興業から、新鋭ラッパーItaqによるEPがリリースされる。

このEPは粗悪ビーツ完全プロデュースで、本日収録曲"神に選ばれた男"のミュージックビデオが公開となった。ビデオは橋本ハム太郎が監督、Thomas P(ボウガイズ)、華衣が出演。

EPの詳細は今後発表予定ということで、粗悪ビーツは「ItaqくんとEP出すことになりました!今作は客演の方含め、はじめて共演する方ばかりなので、これまでの粗悪興業作品とは違う物になりそうです。楽しみにしていてください!」とコメントしている。

RELATED

Itaqの本日リリースのアルバム『委託』から"Good luck to you"のAMVを公開

19歳のラッパーItaq (イタク)が、粗悪ビーツのレーベル粗悪興業から本日リリースした1stアルバム『委託』から"Good luck to you"のアニメーションによるミュージックビデオを公開した。

Itaqのアルバム『委託』が5月に粗悪興業よりリリース決定 | "Super KAMIOKANDE"のミュージックビデオを公開

昨年末に"神に選ばれた男"のミュージックビデオを公開し、粗悪興業からのアルバムリリースを予告していた19歳のラッパーItaq。そのアルバム『委託』が完成し、5月にリリースすると発表した。 また収録曲"Super KAMIOKANDE"のミュージックビデオも解禁となった。 今作では今まで触...

soakubeatsの最新作から徳利、dodoが参加した2曲が7インチ化

soakubeatsが昨年リリースした『Crude』から、徳利が原宿を闊歩するMVも強烈だった"Elaiza feat.徳利"と、dodoの参加曲"Die Horn feat.Dodo"が7インチとしてリリースされることになった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。