故カート・コバーンが「白人はラップをしないほうがいい」と語る未発表インタビューが発掘

言わずと知れた伝説のロックバンドNirvanaのカート・コバーンが生前ラップについて語っている1991年のインタビュー音源が公開された。

インタビュアーはミュージシャンであり当時大学生だったRobert Lorussoという人物で、アマチュアのジャーナリストをしていた際に偶然カート・コバーンと接触する機会を得られたという。インタビュー音源には当時発売されたばかりであるNirvanaの歴史的名盤『Nevermind』やバンドの経済的事情など様々なトピックについての会話が収録されているが、その中で当時黄金期を迎えつつあったヒップホップについて触れられている部分が話題となっている。

カートは「俺はラップのファンだよ、でもそのほとんどが俺には耐えられないほど女性蔑視的だ。だからそこまでファンて訳でもないけど、オリジナルな音楽フォームだから尊敬してるし好きだ」と、ラップのミソジニックな部分は受け付けないもののオリジナルな音楽性を愛していると語っている。しかし、「白人のラップは白人のダンスを見るようなものだ。俺たちはダンス出来ないし、ラップも出来ない」とも述べており、ラップは完全に黒人だけのためのものであると考えていたようだ。

同じく1991年にBillboardによって行われたインタビューにもカートがラップについて語っている部分があり、彼はそちらでも白人がラップをすることへの嫌悪感を露わにしている。「俺は、ラップはパンク以降で最も重要な音楽フォームだと思っている。でも俺はラップしないよ。ラップをする人々は良いと思うけど、俺はいつもVanilla Iceのような人間にむかついてる。白人が黒人から何かを奪うのはもううんざりだ。白人たちはラップをアフリカ系アメリカ人だけのものにしておくべきだよ。上手いし、彼らにとって重要なものなんだから」という言葉からは、90年代初頭にポップな白人ラッパーとして人気を博していたVanilla Iceのような存在が黒人のアイデンティティを脅かしていると彼が考えていたことが分かる。

ちなみに、カート・コバーンが遺した直筆のフェイバリットアルバムリストにはPublic Enemyの『It Takes a Nation of Millions to Hold Us Back』が入っている。Public Enemyのようにシリアスなラップが好みだったことが彼のラップ観に強く影響していたのかもしれない。

言うまでも無く現在のラップシーンには白人のラッパーも数多く存在しているが、故Lil Peepを始めその中の多くがカート・コバーンにオマージュを捧げている。自身に影響を受けた白人ラッパーがポピュラーとなった現在のシーンに対して、天国のカートはどのように考えているのだろうか。

related

Kurt Cobainが『MTV Unplugged』のライヴで着用していたカーディガンがオークションにて約3600万円で落札

死後25年経った今もなお、様々なアーティストに影響を与え続けているKurt Cobain。そんな彼が着用していたカーディガンが先週土曜日に開催されたオークションにて33万4000ドル(約3600万円)で落札された。

Snoop DoggがPhotoshopで作成された自身と故Kurt Cobainとの2ショットを本物だと勘違いする

技術の発展につれて、Photoshopw使用すれば誰でもコラージュや精巧な偽物の写真を作ることが出来るようになった。ヒップホップシーンにおいて高いPhotoshopのスキルを持つラッパーといえばDiddyとSnoop Doggが思い浮かぶが、今回はSnoop Doggの方がPhotoshopで作られ...

Marc JacobsがNirvanaのロゴを不正に使用したとして訴えられる

グランジの代名詞であるNirvanaが、音楽だけでなくファッションの世界にも革新をもたらしたことは言うまでもない。そんな彼らと同じ時代にグランジファッションを打ち出し支持を集めたMarc Jacobsが、Nirvanaのアイコニックなロゴを不正に利用したとして訴えられている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。