銀座のストリートフェスティバル『GL』が今年も開催

銀座の街に点在する個性的なバーやレストランで、ヒップホップからジャズ、レゲエ、ハウス、ロックそして歌謡曲まで、豪華出演者たちのパフォーマンス堪能できるフェスティバル『GL』が11月17日(土)に開催する。

GL』は銀座の街を活性化しようと若者が集まり、他の繁華街とは異なる特性を持つ銀座の魅力、可能性を世代を超えて伝えるため、アートを通して新しい銀座を表現する街規模の多店舗参加型大交流パーティー。今年も各分野のミュージックシーンで活躍するDJやミュージシャンが多数出演する。

また日本の食を代表する築地で、食べ歩き・飲み歩き回遊型イベント「築地はしご酒」が今年も「GL」と同時開催される。

INFORMATION / 開催概要

■ 築地はしご酒

・ 開 催 日 2018年11月17日 (土)

・ 開   演 16:00

・ 閉   演 21:00

・ 料   金 前売券:600円/当日券: 1,000円※いずれも参加証のリストバンド、翌日

から使える「1DRINKサービス券」、築地はしご酒グッズ付※参加者ひとりにつき一枚チ

ケットが必要です。

・ 開 催 地 築地界隈 約50店舗※受付は築地本願寺

・ 備   考 雨天決行

・ 主 催 築地はしご酒実行委員会

・ お 問 合 せ tsukiji845@gmail.com

・ホームページ https://www.facebook.com/Tsukijihasigo

■ GL

・ 開 催 日 2018年11月17日 (土)

・ 開   演 20:00(店舗により異なる場合有り)

・ 閉   演 店舗によって変わります。

・ 料   金 店舗購入前売り2,000円 ネット購入前売り\2,500円 当日\3,500円

・ 開 催 地 銀座2丁目~8丁目

・ 備   考 雨天決行

        20歳未満は入場できません。

当日券のお求めは「VAPEUR」にある当日券売場までお越しください。

・ ホームページ http://www.gl840.com/

・ 協賛/協力  サッポロビール株式会社 / New Era Japan / BackChannel / SPECTATOR / 長生

庵 / 築地はしご酒 / KING of DIGGIN’ / TAMATOMI / THC / MOLSONCOORS

チケット発売概要

▽ネット購入前売り2,500円 限定200枚

※ネットでの前売りチケットご購入の方は、当日、本部「VAPEUR」にございますチケッ

ト売り場にて、リストバンドとの引き換えが必要となりますので、あらかじめご了承くだ

さい

ネット前売りチケット購入の方は下記URLへ

https://iflyer.tv/ja/event/308454

▽店舗購入前売り2,000円

※店舗で販売中の前売りチケットは引き換えも必要無いので、どの店舗からでも遊ぶこと

ができます。

related

インディラップの名盤500枚を紹介する書籍『インディラップ・アーカイヴ もうひとつのヒップホップ史:1991-2020』が刊行

DU BOOKSから1991年から2020年までインディレーベルからリリースされたヒップホップ作品500枚を紹介する書籍『インディラップ・アーカイヴ もうひとつのヒップホップ史:1991-2020』が刊行される。

会社のクレジットカードを不正利用しSNSのフォロワーなどを買い成功したラッパーに見せかけていた男が逮捕される

ラッパーとして活動する人の多くは、いつか大きな成功を収め豪華な暮らしを送ることを夢見ているはずだ。しかし、中には会社の金を横領しラッパーとしての架空のキャリアをでっち上げる猛者も存在するようだ。

ニューヨーク州がブロンクスのヒップホップ博物館に370万ドルの助成金を支給

昨年ブロンクスに建設されることが発表され、2023年のオープンが予定されているヒップホップの博物館『Universal Hip-Hop Museum』。今回、同博物館にニューヨーク州が助成金を支給することが明らかになった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。