今年の一大トレンドBlocBoy JBの「Shoot」ダンスに迫った動画をGeniusが公開

今年のXXL Freshmanにも選出され、一躍スターとなったメンフィス出身のラッパーBlocBoy JB。そんな彼がここまでの知名度を得るきっかけとなった「Shootダンス」を特集した動画をGeniusが公開している。

「Shoot」はBlocBoy JBの代表曲の一つ“Shoot”のMVに登場する特徴的なダンス。

今や世界的な広がりを見せているが、BlocBoy JB自身は“Shoot”のMVを公開した当初「こんなダンス他に誰がやるんだ?」と考えていたという。しかし、次第にSNSで「#ShootChallenge」のタグが流行、ダンスチャレンジを行う者が急増することになる。そして、メンフィスのオースティンピーイー州立大学のフットボールチームが勝利の記念にShootダンスを行う動画がバイラルヒットしたことでNFLでも「Shoot」ダンスが大流行。そしてダンサー“ZaeHD!”がShootダンスを踊った動画がアップロードされたことで爆発的に広がった。

続いて、今年の5月、人気ゲーム『Fortnite』にキャラクターがShootダンスを踊るモーションが「Hype」という名前で追加された件を紹介。Shootダンスの流行を象徴するような出来事だが、ゲームにBlocBoy JBの名前がクレジットされていないため議論が勃発。Chance The RapperがTwitterにて「黒人のクリエイティビティがこのダンスを作り人気にしたのに、それらに言及していない」としてFortniteを批判するなど、ヒップホップシーンの内部からも疑問の声が沸き起こった。

しかし、当のBlocBoy JB本人は『Fortnite』にクレジットされていない件に関して「金には興味がない。ムーンウォークを“バックステップ”としてゲームに追加しても怒られないだろ?」として一切気にしていない様子を見せている。以前も「プレッシャーは無いし、金持ちになりたいとも思わない」と発言していたが、やはり彼は若手ラッパーの中でも異色な存在感と人柄を持っているようだ。

動画の最後には、BlocBoy JB本人がShootダンスのコツを教えている様子が紹介されている。Shootダンスについて深く知った後に踊ってみたくなった人は、この機会に是非覚えてみてはいかがだろうか?

RELATED

BlocBoy JBが薬物、ハンドガン、窃盗品の所持などの容疑で指名手配

テネシー州メンフィスの警察が新進気鋭のラッパーBlocBoy JBを指名手配した事が明らかとなった。

Fortniteを開発したEpic Gamesが「ダンスに著作権は存在しない」と主張

今や全世界で社会現象を巻き起こしている大人気ゲームのFortnite。しかし、そのゲーム内で購入できるダンスムーブが自身が生み出したものと類似しているとしてラッパーの2 MillyやBlocboy JBがFortniteを開発したEpic Gamesを相手取り、訴訟を起こしたことは記憶に新しい。そんな中、2 Millyが起こした訴訟の初公判が行われ、Epic Games側が「ダンスに著作権は存在しない」と主張した。

BlocBoy JBがついに「Shootダンス」を巡って人気ゲーム『Fortnite』を訴える

以前より自身が発明し大流行した「Shootダンス」の動きを許可なく使用されたとして人気ゲーム『Fortnite』を訴える意向を示していたBlocBoy JBが、いよいよ本格的な訴訟を起こしたことが明らかとなった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。