Travis ScottのA&Rが「"SICKO MODE"のDrakeのヴァースは『Astroworld』がリリースされる当日に完成した」と明かす

今年を代表するアルバムの一つとなったTravis Scottの『Astroworld』。その中でもDrakeをフィーチャーした“SICKO MODE”は非常に人気が高い一曲だが、Drakeが同曲を制作した時の興味深いエピソードがTravis ScottのA&Rを務めるSickamoreによって明かされた。

11月4日まで開催されていたComplex Conでの「How to Make a Rap Album in 2018」というパネルディスカッションの中で、Sickamoreは『Astroworld』制作時のエピソードを語っている。彼によると、Drakeは“SICKO MODE”のリリックをぎりぎりまで提出することが出来ず、完成させた日が『Astroworld』リリースの当日だったというのだ。“SICKO MODE”の特徴といえば一曲の中でビートが複数回切り替わる斬新な構成だが、Drakeがラップを始めた瞬間にビートが切り替わってTravis Scottが登場する序盤の展開はDrakeのリリックが遅れたことが理由なのではないか、と推測することも出来る。

ストリーミングで音楽を聴くことが一般的となった昨今、アルバムをリリースするという行為は過去と比べかなり簡単になっている。そのためリリースの当日にリリックが完成するという事態が発生するのだろうが、このようなスピード感が現在のラップシーンの特徴なのかもしれない。

related

Travis Scottの『Astroworld Festival』がApple Musicにて独占ライブ配信

Travis Scottの『Astroworld Festival』がApple Musicにて日本時間の11月6日午前11時より世界各国に向けて独占ライブ配信される。

BAPE®がDrake率いるOVOとカプセルコレクション第2弾をリリース|モデルにはFUTUREを起用

BAPE®がカナダ・トロント出身のラッパーDRAKEが手掛けるクリエイティブ集団「October’s very own」と再度タッグを組み、第2弾となるカプセルコレクションを発表。 2021 AWコレクションでは、秋のシーズンからインスピレーションを得た両ブランドのシグネチャーアイテ...

Travis Scottが映像プロダクションA24と契約|映像作品『Utopia』を発表か

Travis Scottが、映画『ムーンライト』や『ミッドサマー』、ドラマ『ユーフォリア』をはじめ数々の作品を発表してきたプロダクションA24と契約したことが明らかになり話題を呼んでいる。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。