Kid Cudiがかつて持っていた自殺願望について語る

メンタルヘルスについて歌うラップの先駆けとして現在多くの若いアーティストからリスペクトされているKid Cudi。2016年に鬱病を患っていることを告白しリハビリ治療を行っていた彼が、その経験をGQの記事にて語っている。

かつて自身が持っていた自殺衝動について、Kid Cudiは「自殺する方法を考えていた。本当に怖かったよ。自分の精神がそちらに行こうとすることが怖かったんだ。一年中ね」と、自分の意思とは反して自殺への願望を抱いてしまうことへの恐怖を生々しく語った。

しかし、無事に治療を終えた現在は精神的な安定を取り戻しているようで、「今は悪魔と闘ったりしていないよ。神に感謝してる」とコメントしている。取材に対して過去の辛かった経験について話しているときも彼は常に顔に笑みを浮かべていたといい、どうやら精神が安定していることは本当なようだ。今年彼はKanye WestとのKIDS SEE GHOSTSで活動した他、彼を強くリスペクトしているTravis Scottのアルバム『Astroworld』に参加するなど精力的な活動を続けている。また、記事の中でピザを作ることに熱中していることを明かすなど、私生活の方も楽しんでいることが窺える。

精神的な問題は自分の意思でコントロール出来るものではなく、適切な治療が解決の一番の近道になるということをKid Cudiは教えてくれている。メンタルヘルスについてはラップシーンの中でも語られる機会が増えてきている。Kid Cudiのようにそれらの問題について正しく語るアーティストが増えることで、現在そのような問題と向き合っている人々が救われることもあるだろう。

RELATED

Kid Cudiがホームレスに10000ドル相当のフライドチキンセットをプレゼント

先日のCoachella 2019に出演し、Kanye Westとのパフォーマンスも話題となったKid Cudi。そんな彼が、Coachellaの合間に思わぬチャリティー活動を行なっていたことが明らかになった。

Coachella 2019でKid CudiとChildish GambinoがMac MillerとNipsey Hussleを追悼

先週土曜日から3日間に渡って開催されているCoachella 2019の1週目。その2日目となる昨日にライブを行なったKid Cudiが、昨年死去したMac Millerと今月頭に銃撃によって命を落としたNipsey Hussleに捧げるパフォーマンスを行なった。

Kid Cudiが映画『ゲット・アウト』の監督の新作を観るために映画館を丸ごと貸切にする

人種差別をテーマにしたホラー映画『ゲット・アウト』は多くの黒人やラッパーたちから支持を集めたことで話題となった。Chance The Rapperが同作を気に入るあまり上映館の座席を買い占めファンにプレゼントしたことも話題となったが、今回、『ゲット・アウト』の監督であるジョーダン・ピールの新作『Us』を観るためにKid Cudiが豪快な行動に出たことが話題となっている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。