Kid Cudiの影響力の大きさについてTravis Scott、Logic、Lil Yachtyが語る

Kanye Westとのコラボアルバムをリリースすることで、再び注目が集まっているKid Cudiの影響力の大きさについて、Travis ScottやLogic、Lil Yachtyが語る番組をApple MusicのBeats 1が放送した。

まずTravis ScottはCudiについて「俺は彼に心酔しているんだ。お気に入りのアーティストだよ」と絶賛している。2人はTravis Scottのアルバム『Birds in the Trap Sing McKnight』でもコラボしており、Travisが大きな影響をCudiから受けているのがうかがえる。

続けてScottは「色々な人がJay Zがベストなラッパーだって言っているけど、Cudiも自身の音楽性をいまだに持ち続けているっていう点においては負けていないと思うよ。俺はCudiがほんとに好きなんだ。なぜなら彼はいつも自分の『言葉』をもっているからね。彼は俺らのために『世界』を作ってくれたんだ」とCudiはJay-Zに負けない存在であると主張した。

Cudiに影響を受けたラッパーの1人であるLogicも、「Cudiは俺に不安やメンタルについて話すことについて影響を与え、俺を勇気づけてくれた」とCudiが悲しい気持ちでいることや、不安についてラップすることのパイオニアだと語る。Logicはさらに「俺がいつも自分のことをBobbyって紹介する理由がKid Cudiなんだよ。彼に会ったとき彼は“俺はScottだ(Cudiの本名)”っていうふうに話しかけてきて、それはほんとうに素晴らしかったんだ。Cudiがマイクを持ったとたん、彼は神になり、爆弾になり、最高になり、そして生ける伝説になるんだ」と続けた。家族からの人種差別など様々な苦労を経験してきたLogicにとって、Cudiが歌ってきたことは大きな助けとなったようだ。

Logicと同じようにメンタル面でCudiに影響を受けたラッパーがもう1人いる。Lil Yachtyだ。彼はCudiのおかげで感情についてラップしていいということに気づかされたと語っている。

「Cudiはこの世界の創造的な子供達や感情的な人達、夢の旅をしている人達のために曲を作ることができる唯一のアーティストだったんだ」

Yachtyはデビューアルバムのタイトルが『Teenage Emotions』だったことからも分かるように、感情というものに重きを置いているラッパーだ。CudiがいなかったらYachtyは感情についてラップしていなかったのかもしれない。
このスペシャルエピソードでは前述の3人以外にもPharrell WilliamsやRauryがKid Cudiについて語っている。

最初に書いたように、もうすぐKanyeとCudiのジョイントアルバム『Kids see ghosts』がリリースされるようなのでその予習としてこのエピソードを聞いてみてはいかかだろうか。

RELATED

Logicが「サンプルの利用許可を取らないといけないのはマジでクソだ」と語る

先日、自身が出版した初の小説『SUPERMARKET』がNew York Timesのベストセラー1位に輝き、音楽以外の分野でも才能を見せつけたラッパーのLogic。そんな彼が自身の本業であるラッパーとしての才能を発揮してきたヒップホップシーンに対し、怒りをぶちまけた。

Three 6 MafiaのDJ Paulが自身のフレーズを不正利用されたとしてTravis Scottを訴える

昨年を代表するアルバムとなったTravis Scott『Astroworld』。同作に収録された楽曲“NO BYSTANDERS”が原因で、トラブルが発生しているようだ。

Kid Cudiがホームレスに10000ドル相当のフライドチキンセットをプレゼント

先日のCoachella 2019に出演し、Kanye Westとのパフォーマンスも話題となったKid Cudi。そんな彼が、Coachellaの合間に思わぬチャリティー活動を行なっていたことが明らかになった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。