MONKEY TIMERSとokadadaによるパーティー『LESS』が初のデイタイムで開催 | MOODMAN、クボタタケシ、CHANGSIEがゲストで登場

MONKEY TIMERSとokadadaがレジデントを務め、ロゴ、フライヤーなどのビジュアルをYOSHIROTTENが務めるパーティー『LESS』が初のデイパーティーとして、12/9(日)に代官山UNITで開催される。

ジャンル、世代、をボーダレスにつないできた『LESS』だが、今回のゲストには東京の地下ダンスミュージックシーンを牽引し続けているMOODMANと「オールジャンル・ミックス」の第一人者であるクボタタケシが登場。加えて、UKベースを軸にテクノ / ハウス / 2STEP / ダンスホールなどをオリジナリティ溢れる解釈するCHANGSIEも出演する。

Vj/Space Designには、Life Forceからmixcer、PAにはceroやtofubeats、Crue-L Recordsの数々の作品のサウンドエンジニアを担当する、Naoya Tokunouが参加し、パーティーを作り上げる。

Info

LESS
2018.12.09(SUN)
at UNIT

OPEN:16:00 (※未成年者の入場可)

CHARGE:
W/F 2,500YEN
DOOR 3,000YEN

DJ:
MOODMAN
クボタタケシ
CHANGSIE
MONKEY TIMERS
okadada

VISUAL:
YOSHIROTTEN

PA:
Naoya Tokunou

VJ / SPACE DESIGN:
mixer

INFO:
UNIT
http://www.unit-tokyo.com/

related

Seiho Interviewed by okadada | 『着いたけど、どこいる?』

近年はおでん屋「そのとうり」、和菓子屋「かんたんなゆめ」のプロデュースなど、音楽だけでなく活動の幅を広げているSeihoが3年ぶりの単独公演を5/14(土)に渋谷 Spotify O-EASTで開催する。

Seihoの3年ぶりの単独公演にOtagiri w/ DJ MAYAKU、okadadaとPharakami SandersによるTerror Fingersも出演

Seihoが3年ぶりに開催する単独公演『着いたけど、どこいる?』の追加出演者が発表となった。

Seihoのミニアルバムのリリースを記念してとんだ林蘭、okadada、ASOBOiSM、髙城晶平、鎮座DOPENESSも出演するオンライントークイベントが開催

5/12(水)にリリースされたSeihoのミニアルバム『CAMP (Amazon Original)』のリリースを記念したトークイベントが5/20(木)にTwitch上で開催される。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。