マイケル・ムーアの最新作『華氏119』の予告編第二弾が解禁

時のブッシュ政権など巨大な権力に対抗してきたドキュメンタリー映画監督のマイケル・ムーアの最新作『華氏119』の本予告映像が解禁となった。

ドナルド・トランプを標的にした本作だけに、予告編も警告音と共に「あなたも、“トランプ慣れ”していませんか?」と今や毎日のようにニュースに出て、私たちにエンターテイメントを届ける存在となったトランプ大統領に対し、全人類への警告から始まる映像からスタート。

「2016年11月9日ドナルド・トランプが、大統領の勝利宣言をした日」と『華氏119』の119の意味を紹介し、背景には涙を流し絶望感に打ちのめされたアメリカ国民が映し出される。そこからトランプ大統領の「アメリカン・ドリームは終わった」という発言を皮切りに、ヒトラーのスピーチ映像にトランプ大統領の声を当てた本編内の映像まで登場する。さらに予告編では98年に実現していたムーアとトランプ大統領のトーク番組での共演の模様も。将来を予言するように「私の映画は撮らないでくれよ」とトランプ大統領がムーア監督にお願いしている。

最後はアメリカ国民に愛されたオバマ元大統領も、最後までトランプ大統領と大統領の地位を争った民主党のヒラリー・クリントンも、みんなまとめてぶった切っている、という映画の射程が明らかとなっている。

Info

監督:マイケル・ムーア 『華氏911』 出演: アメリカ合衆国大統領ドナルド・トランプ
配給:ギャガ
原題:Fahrenheit11/9/2018/アメリカ/カラー/5.1chデジタル/
©2018 Midwestern Films LLC 2018

11月2日(金) TOHOシネマズ シャンテ他 全国ロードショー

RELATED

ジャズ・レーベルの代名詞的存在のブルーノート・レコードを描いたドキュメンタリー映画の日本公開が決定

今年レーベル創立80周年を迎えたジャズ・レーベル、ブルーノート・レコードは、マイルス・デイヴィスからノラ・ジョーンズまで時代を代表する多くの名盤を発表し長きにわたりジャズの世界をリードし続けてきた。

映画『サウダーヂ』、『バンコクナイツ』などで知られる富田克也の最新作『典座 -TENZO-』がカンヌ国際映画祭に正式出品決定

『サウダーヂ』や『バンコクナイツ』などの話題作で知られる空族、富田克也監督の最新作『典座 -TENZO-』(2019年秋公開予定)が、5/14(火)より開催される第72回カンヌ国際映画祭で批評家週間「特別招待部門」へ正式出品されることが決定した。

人気アメコミシリーズを映画化した『ヘルボーイ』が2019年秋に日本公開決定

4月12日に北米公開を迎え、大きな話題となっているダークホースコミックス原作の映画『HELLBOY』が、邦題『ヘルボーイ』として2019年秋に日本公開することが決定した。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。