J. Coleが「Twitter A&R」たちのレビューによって気持ちが傷ついていると明かす

音楽が好きなTwitterユーザーの中には、新譜やアーティスト自身についてのレビューを日常的に書いている人も多いだろう。忌憚の無い意見を自由に書くことが出来るのがインターネットの良いところではあるが、時にはそれがアーティストの気持ちを傷つけてしまうこともある。

J. Coleは先日のモントリオール公演にて、エゴサーチによってヒットする自分に対する意見を見て気持ちが傷ついていると明かした。彼は「Twitter A&R」と呼ばれる素人レビュアーたちについて、「色々な会話がTwitterでは起こってるよな。Twitter A&Rみたいな奴らが沢山いる。Twitter A&Rって聞いたことあるか?あいつらは毎日Twitterでラップについて話しているんだ。誰それのアルバムが出ただの、誰それの曲はゴミだの、あとは絵文字だな。そんなん気にすんなよ」と、基本的に彼らのことを良く思っていない様子を見せた。

続けて、「あいつらの会話はこんな感じだ。“俺はJ. Coleが好きなんだけど、あいつの何が問題か分かる?ヒット曲が無いんだよ。どうすればヒット曲を作れるか知らないんだ。ヒット曲が無いから、ゲームの中に残れないだろうな”って。あぁ、傷ついたよ。“なんでそんなこと言うんだ?そうなのかな?”って思った。謙虚に言わせてもらうけど、何曲かはあると思う」と、「ヒット曲が無い」との指摘を受けて心が傷ついたことを正直に語っている。

自身について書かれたツイートをアーティストが見てしまうというのは珍しいことではない。しかし、J. Coleほどのビッグなアーティストでもそれらによって心が傷ついてしまうのは少し意外だ。日本にも「Twitter A&R」のようなユーザーは数多く存在しているが、あくまでも一個人の意見に心を乱される必要は無いだろう。

J. Coleの“Neighbors”はビルボードチャートで13位を記録しており、今年リリースされた“KOD”は10位、“ATM”は6位と、1位は取っていないがかなり大きなヒットにはなっている。

なんともチャーミングな一面を見せてくれたJ. Coleだが、「Twitter A&R」たちのディスは出来るだけ見ないようにして素晴らしい曲を作り続けて欲しいものである。

RELATED

ニューアルバムでどうしてもチャート1位を獲りたいScHoolboy Qが「ストリーミング数を増やす機械の名前を教えてくれ」と発言|リリースが被ってしまったBTSにも文句を言う

4月26日にニューアルバム『CrasH Talk』をリリース予定のScHoolboy Q。そんな彼がアルバムでどうしても全米チャート1位を獲りたいとして、なりふり構わない姿勢を見せている。

J. Coleが問題を起こしたアーティストの楽曲を聴かないようにするムーブメントに苦言を呈する

性的暴行が告発されたR. Kelly、DV疑惑がかかっていた故XXXTentacion、複数の罪で逮捕された6ix9ineなど、ここ数年で問題を起こしたアーティストは枚挙に暇が無い。そんな彼らの楽曲を聴かないようにする、あるいは配信を停止するムーブメントが盛り上がりを見せているが、そのような動きに対してJ Coleが苦言を呈している。

NBAオールスターゲームのダンクコンテストでDennis Smith Jr.のアシスト役として登場したJ. Coleが自らもダンクを狙うも失敗

NBAオールスターウィークエンドがノースカロライナ州のシャーロットで開催され、ダンクコンテストでニューヨーク・ニックスのDennis Smith Jr.のアシストとしてJ. Coleが登場し観客を沸かせた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。