Vic Mensaが故XXXTentacionをBET Awardsでのフリースタイルにて批判

先日開催されたBET Awardsにて、故人ながら「Best New Artist」賞を受賞したXXXTentacion。彼がこの世を去って以来生前の彼を評価する声が多く上がっているが、そんな中常にシーンを冷静な目で批評し続けてきたシカゴのラッパーVic Mensaが、公の場でXXXTentacionを批判した。

BET Awardsの目玉であるサイファーに登場したVic Mensaは、フリースタイルの中でXXXTentacionに言及。「お前の好きなラッパーは“abuser(乱用者、虐待者)”だ」などと、XXXTentacionを暗示するような言葉を使いながら攻撃的なラップを披露した。会場にはXXXTentacionの家族が来ていたこともあり、かなりの批判がVic Mensaに寄せられている。

しかしVic Mensaは批判を物ともせず、フリースタイルにてそのような発言を行った理由を説明する動画を自身のInstagramに投稿。

生前のXXXTentacionに当時のガールフレンドを暴行した疑惑が掛かっていたことについて触れ、彼の母であるCleopatra Bernardを傷つける意思は無かったとしながらもあくまで彼を批判する立場を取り続けると語った。動画には「女性たちを守れ。DVや性的虐待は仮に才能があったり、何かトラブルに巻き込まれた人が行ったとしても決して許されることじゃない」という文章が添えられている。

確かにXXXTentacionの死後、彼の暴行についての話題が上ることはほぼなくなってしまい、皆一様に彼を評価するような状況になっていたことも確かだ。そのような状況を不健全に感じ、女性への暴力を許さないよう呼びかけるVic Mensaの意見も一理あるとは言えるだろう。しかし、故人をその家族の前で公に批判するという行為が褒められたものかどうかも疑問である。

RELATED

故XXXTentacionの遺族が代表曲“Look at Me!”のプロデューサーの一人に訴えられる

昨年の6月、銃撃によって命を落とし世界に衝撃を与えたXXXTentacion。彼がヒットするきっかけとなった代表曲“Look at Me!”のプロデューサーの一人が、彼の遺族を相手取り訴訟を起こしているようだ。

9th Wonderがグラミー賞の追悼コーナーにXXXTentacionが登場しなかったことについて「全員に追悼される権利がある」と語る

昨日開催されたグラミー賞の授賞式。グラミー賞ではその年に亡くなったアーティストの追悼が行われることが恒例となっている。Aretha FranklinやMac Miller、Aviciiなどのアーティストが追悼されたが、そこに昨年銃殺されたXXXTentacionが登場しなかったことが問題視されている。

KehlaniがR. KellyとXXXTentacionへの批判に対し持論を語る

Apple Musicの番組「Sunday Gems」に出演したKehlaniが、罪を犯したアーティストの楽曲を「ミュート」する運動に対して独自の考えを述べている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。