Suge Knightに28年の収監の判決が下る | 2015年に『ストレイト・アウタ・コンプトン』の撮影現場で起こしたひき逃げ殺人事件で

悪名高いDeath Row Recordsの創立者で、ヒップホップシーンに強い影響力を保持してきたSuge Knightもついに観念したのだろうか。

Sugeは2015年に映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』の撮影現場の駐車場でSugeがTerry Carterさんと口論となり、車でCarterさんをひき逃げし死亡させた事件で殺人容疑で逮捕された。Suge側は当初、CarterさんがSugeに対し銃撃しようとしていたと主張していた。しかし本格的な審理が始まる前に、裁判で争わないという司法取引と共に28年の収監の判決が下ったとTMZが報じた

28年の刑期は一般的に殺人事件の刑期としては長いと言われているが、これはSugeが1997年にすでに重罪判決を受けていることや、今回の殺人が明白な意図を持って行われていると認定されたことが要因となっている。

現在53才のSuge Nightだが、満期で出所すると81才となり、ヒップホップシーンで影響力を誇ってきた大物のキャリアにも終止符が打たれてしまうのだろうか。

related

DiddyがSnoop DoggとダンスバトルをしSuge Knightに嫌味を言う

ヒップホップ史上最大のビーフとして知られる、Bad Boy RecordsとDeath Row Recordsによる東西抗争。それから20年あまりが経った今、Bad Boy RecordsのボスであるDiddyとDeath RowのスターであったSnoop Doggが平和な対決をしている。

2Pac生存説を声高に主張していたSuge Knightの息子が「2Pacはもう死んだ」と手のひらを返す

1996年に命を落としたヒップホップレジェンド2Pac。彼が生前所属していた伝説的レーベルDeath Row Recordsの主Suge Knightの息子が、昨年より2pacの生存を繰り返し主張し「新曲をレコーディングしている」と語っていたことを覚えているだろうか?今回、そんな彼があっさりと手のひらを返し、2Pacが既に死んでいることを認めている。

Suge Knightの息子がまたもや「2Pacがスタジオ入りしている」と主張│新曲をリリースするためにレーベル「NEW DEATH ROW」も立ち上げ

1996年に銃撃されて命を落としたにヒップホップレジェンド2 Pac。彼が生前所属したレーベルDeath Row RecordsのオーナーSuge Knightの息子は、昨年突如として「2 Pacはマレーシアで生きている」と主張し始めたことで話題となっていた。そんな彼が、なんと2 Pacをスタジオ入りさせて新曲のレコーディングを始めたという。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。