Lil Uzi Vertにパロディされ続けるカルト宗教団体「Heaven's Gate」残党が訴訟に向けて動き出す

Lil Uzi Vertの『Eternal Atake』と”New Patek”のアートワークカバーが、カルト宗教団体「ヘヴンズゲート」の著作権を侵害していると「ヘヴンズゲート」の残党メンバーが訴え、本格的に訴訟を起こすとのこと。

Lil Uzi Vertが先月公開した『Eternal Atake』のアートワーク。UFOを信仰し90年代に集団自殺を行なったことで消滅したアメリカのカルト宗教団体「ヘヴンズゲート」のロゴをパロディしたものであり、「ヘヴンズゲート」からの抗議があるのではないかと心配の声もファンから挙がっていた。

アートワーク公開直後、「ヘヴンズゲート」の残党が抗議のメールをGeniusに送った。「これはパロディの域ではなく、明確な著作権侵害である」と、著作権侵害を訴え、弁護士に相談しているという内容のものだったが、Lil Uzi Vertは応じず。

そしてその後公開されたLil Uzi Vertの”New Patek”のアートワークも、ヘヴンズゲートのロゴの鍵穴マークのパロディ。報道によると、「ヘヴンズゲート」の残党メンバーは訴訟を起こす気でいるということが明らかになった。

ニュースサイト『Page Six』に「ヘブンズゲート」のメンバーから届いたメールによると、「このままLil Uzi Vertから返答がなければ提訴する」とのこと。「この明らかな商標と著作権の侵害とロゴマークを使用されたことに対して、我々の弁護士は現在動いてる」と、今回のアートワークも著作権侵害であると捉えているようだ。

「ロゴマークを使用されるとフェアユース(公正利用)を主張されることがあるが、そのためには使用したロゴと、団体の持つ精神や意図を結びつけてはいけない。同じようなロゴを使用した場合もとの著作物の意味合いを含めず、侵害にならないようにアーティストは気をつけなければならない」と、似たようなロゴーマークを使用しても公正な利用になる場合はあるが、それは著作権者団体の持つメッセージ性などを含んでない場合のみであると主張している。

「今回の件がどのように解決するかはまだ分からない。弁護士に任せている」と、メールには書かれていたそうだ。

これについてLil Uzi Vertは未だに何も公言していない。すでに消滅しているカルト宗教団体から訴訟を起こされた場合、どのような展開になるのか気になるところである。

RELATED

Lil Uzi VertがNardwuarのインタビューからまたしても逃走

昨日のRolling Loudでまさに本領発揮とも言うべきライブを披露したLil Uzi Vert。そんな彼に、カナダの名物インタビュアーであるNardwuarが昨年以来一年ぶりとなるインタビューを行なった。

Lil Uzi Vertの新曲“That’s A Rack”のミュージックビデオが公開

今月半ばにリリースされたLil Uzi Vertの新曲の一つである“That’s A Rack”のMVが公開された。

Lil Uzi Vertの新曲を手がけたプロデューサーが「『Eternal Atake』には11の別バージョンがある」と明かす

レーベルGeneration Nowとの契約問題によって楽曲をリリース出来ない状況に陥りながらも、Jay-ZのレーベルRoc Nationとのマネージメント契約を結び待望の新曲“Sanguine Paradise”と“That’s a Rack”をリリースしたLil Uzi Vert。そんな彼のリリースが待たれる新作『Eternal Atake』について、新曲のビートを手がけたプロデューサーが驚くべきことを語っている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。