Fiona AppleがMac Millerと「一緒に曲を作りたかった」と追悼

先週26歳にして突然の死が伝えられ、ヒップホップシーンのみならず世界的に大きな衝撃を与えたMac Miller。すでに多くのアーティストからの追悼が寄せられているが、90年代より活動するオルタナティブロックを代表するシンガーの一人であるFiona AppleがMac Millerへの追悼を捧げている。

Fiona AppleはMac Millerについてのビデオを自身のYouTubeチャンネルに投稿。「Mac Millerが亡くなってとても悲しいってことを話したかった」として、Mac Millerとの思い出を語った。「私と彼は一度だけ会ったことがある。小さなグループで2、3時間話しただけだったんだけど、私は本当に、本当に彼のことを好きになったの。ずっと友達でいたかったけど、彼の電話番号を知らなかった」と話す彼女は、会ったのが僅かな時間であってもMac Millerの人柄を心の底から気に入ったようだ。二人は音楽について話しをしたようで、Mac MillerがFiona Appleのプロデュースやポール・トーマス・アンダーソン、ミシェル・ゴンドリーなどの映画音楽を手掛けたミュージシャンJon Brionの大ファンであったことから意気投合したという。Mac Millerは後に“Small Worlds”でJon Brionとの共演を果たしているため、Fiona Appleは「Jonがプロデュースした彼のレコードを聴いて、彼がその中で生きていられるようにするわ。私も、出来ることなら彼と一緒に曲を作りたかった」と述べた。

Fiona Appleの他にもMac Millerの人柄の良さを気に入った者は数多く存在し、5月の彼が起こした飲酒運転事故を捜査した警察官までもが「彼は我々が今まで見た中で最も礼儀正しく感じの良い酔っ払いだった」と話している。

Mac Millerが飲酒運転で逮捕


程である。Chance The RapperはTwitterにて「Mac Millerは自分が知っている中で最も優しい男だった」と綴り、所属レーベルWarner Bros.も「先鋭的な精神とユーモアのセンスが会う人全員を感動させた」とコメントしていることから分かる通り、Mac Millerはその才能だけでなく人間性によって多くの人から愛されていたのだろう。

RELATED

Mac Millerのドキュメンタリー映画の制作が発表されるも遺族側が差し止めを要求

昨年の9月に突然この世を去ったMac Millerのドキュメンタリー映画を制作すると、映画監督のCJ Wallisが昨日発表した。

Coachella 2019でKid CudiとChildish GambinoがMac MillerとNipsey Hussleを追悼

先週土曜日から3日間に渡って開催されているCoachella 2019の1週目。その2日目となる昨日にライブを行なったKid Cudiが、昨年死去したMac Millerと今月頭に銃撃によって命を落としたNipsey Hussleに捧げるパフォーマンスを行なった。

Madlibが故Mac Millerとのコラボアルバム『Maclib』はまとまった作品にはなっていないと語る

先月、プロデューサーのThelonious Martinがインタビューでその存在に言及して以来、リリースが待ち望まれていた故Mac MillerとMadlibによるコラボプロジェクト『Maclib』。MadlibがDJで同作からの楽曲をプレイしたことから近いうちにリリースされるのではないか、と見込まれていた同作だが、Madlib自身が「Mac Millerとのプロジェクトをリリースする公式の予定はない」と発表した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。