Cardi Bが「数字は嘘をつかない」とNicki Minajをディス│夫のOffsetもビーフに参加

Travis Scottとの問題も解決しないまま、新たに始まったNicki MinajとCardi Bのビーフ。Cardi BはNicki Minajによる「同情と賄賂でキャリアを築いた」などのディスや娘のKultureちゃんの育て方に文句をつけられたことに耐えきれなかったのか、先日開催されたICON’Sパーティにて靴を投げつけ、とうとう取っ組み合いの喧嘩に発展してしまった。Cardi Bはセキュリティに取り押さえられた際に顔に怪我をしてしまうなど、現場は凄惨を極めたようだ。

それ以来本格的に始まった二人のビーフだが、Cardi Bが自身のInstagramに以下のような画像を投稿した。

NUMBERS DONT FUCKIN LIE 🗣🗣🗣🗣

CARDIVENOMさん(@iamcardib)がシェアした投稿 -

画像は今年発売されたヒップホップアルバムの売り上げをランク付けしたもので、Cardi Bの『Invation of Privacy』は3位にランクインしている。投稿には「数字は嘘をつかない」とのキャプションが添えられており、明らかにTravis Scottの『Astroworld』に自身の『Queen』がセールスで負けたNicki Minajへの遠回しな皮肉だということが分かる。

また、Cardi Bの夫であるOffsetもInstagramのストーリーにてこのような文章を公開している。

#TSRSubTweetin: It’s too early 😩😩 Who is playing with #Offset?

The Shade Roomさん(@theshaderoom)がシェアした投稿 -

「俺に見える所で遊びまわるな、俺は遊んだりしない。列からはみ出さない方がいいぜ、俺はフェアにやったりしないんだ」と綴るOffsetは、相手の名前こそ出してはいないものの何者かに対し牽制を行なっているようだ。

夫も巻き込んで今後ますます激しくなっていきそうなCardi BとNicki Minajのビーフは、これからどのような展開を見せていくのだろうか?どうか悲惨な展開だけは避けて欲しいところだ。

related

Lil Uzi Vert、Cardi B、Wiz Khalifa、Anderson .Paak、Bruno Mars、故Nipsey Hussleなどによるパフォーマンスを観ることができるバーチャルフェスが開催

ワーナー・ミュージック・グループは、WHO(世界保健機関)と国連財団が設立した「COVID-19連帯対応基金」を支援するため、初のバーチャル·ミュージック·フェスティバル『PlayOn Fest』を今週末に開催する。

バーニー・サンダース大統領候補がCardi Bの政治家デビューを応援

先日、アメリカによるイランの空爆に抗議しつつ「学校に通い直して政治家になりたい」と発言したことで話題を呼んだCardi B。そんな彼女が以前より支持を公言している2020年大統領選立候補者のバーニー・サンダース上院議員が、彼女にエールを送っている。

Cardi Bが「学校に通い直して政治家になりたい」と発言

以前より反トランプ、民主党支持を公言しているCardi B。先日はアメリカによるイランの空爆に抗議し「ナイジェリアの市民権が欲しい」と発言していた彼女が、政界に進出することに意欲を示している。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。