故Mac Millerの友人が「Ariana Grandeは誰よりも彼をサポートしていた」と語る

先週金曜日に26歳の若さでこの世を去ったMac Miller。薬物のオーバードーズと見られている彼の死を多くのアーティストやファンが悲しんでいたが、彼の元恋人であるAriana Grandeの責任を指摘し批判するファンも存在する。そんな中、Mac Millerの友人がAriana GrandeのMac Millerに対する献身的なサポートについて語っている。

Mac Millerの友人の一人であった俳優のShane Powersは、自身のPodcastにおいてMac Millerの追悼を行なった際にAriana Grandeとのエピソードをいくつか明かした。彼によるとAriana Grandeは「Mac Millerを初めて真面目にさせた」のだそうだ。「彼女はMac Millerに夢中だったんだ。酒浸りの彼をAriana以上にサポート出来た人間なんていなかったよ。彼女は信じられないほどMac Millerが健康になるように協力していた。彼女はあいつが冷静でいられるように保っていたんだ」と彼が語るように、Ariana GrandeのサポートがあってこそMac Millerはアルコールやドラッグから一時的に抜け出すことが出来たという。

InstagramにてAriana GrandeがMac Millerを追悼した際に、Mac Millerのファンから彼女に「お前がMacを殺した」というようなコメントが多く寄せられた。Ariana Grandeは以前Mac Millerとの関係を「私は彼のベビーシッターじゃない。我慢のならないものだった」とインタビューにて語っていたが、別れたとはいえ献身的なサポートを行いMac Millerを助けようとしていた彼女を責めるのは間違っていると言える。

Ariana Grandeと別れたMac Millerの心の傷はかなり深かったようで、飲酒運転による逮捕のようなトラブルも起こしてしまっていた。それらを経て完成させた遺作『Swimming』は現在Apple Musicの全米チャート一位となっている。憂鬱な感情が色濃く反映された『Swimming』だが、ファンにとっては彼の作品を聴き思いを馳せることが何よりの追悼となるだろう。

related

故Mac Millerの遺作『Swimming』と『Circle』のアナログボックスセット『Swimming in Circles』が発売

2018年、突如としてこの世を去ったMac Miller。彼が死の直前にリリースしたアルバム『Swimming』と、今年1月に最後のアルバムとしてリリースされた『Circles』の2作のアナログバージョンをまとめたボックスセットの発売が、Mac Millerの遺族によって発表された。

故Mac Millerのデビューミックステープ『K.I.D.S.』の10周年を記念しアナログバージョンがリリース|未発表曲2曲を追加したデラックスバージョンも配信

2018年にこの世を去ったMac Millerのデビューミックステープ『K.I.D.S.』のリリースから、今年で10周年。今回、そんな同作のアナログバージョンと、未発表曲2曲を追加したデラックスエディションがリリースとなった。

Ariana Grandeが故Mac Millerについて「彼にとって音楽以上に大切なものは無かった」と語る

2018年に薬物の過剰摂取によって命を落としたMac Miller。生前の彼について、かつての交際相手であり先日はJustin Bieberとのコラボ曲”Stuck with U“をリリースしたAriana Grandeが語っている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。