Childish GambinoとDrakeがMac Millerをライブで追悼

先週金曜日、自宅で倒れて亡くなっているのが発見されたMac Miller。26歳という若さでの突然の死によって、ヒップホップシーン全体に衝撃が広がっている。

Mac Millerとほぼ同時期に登場したChildish Gambinoは、ライブのMCで「俺はとても繊細な人間だから、Mac Millerの死には本当に混乱したし悲しかった。彼は本当にいいやつだったんだ。俺たちは二人ともインターネットキッズで、批評家に同じようなことを言われてたから二人でよく話していたんだ。あいつは、ただ音楽を愛していたよ」と語り、キャリアを共に歩んできた友人の死を心から悲しんでいる様子を見せた。その後「本当に悲しいけど、悲しむのは悪いことじゃない。彼がどんなに特別だったか教えてくれるから、これは特別な瞬間だし、ここにいるみんながそう感じてると思う」と続け、追悼として“Riot”をプレイした。

Drakeも先日土曜日、Meek Millとの共演を果たしたことも話題となったボストンでのライブにて「このショウを友人の、Mac Millerに捧げる。彼はいつだって優しい男だった」と発言。その後“Emotionless”を歌うことでMac Millerを追悼している。

彼らの他にもChance The Rapper、J. Cole、Wiz Khalifa、Kid Cudi、Lil Yachtyなどを始め多くのアーティストがMac Millerを追悼している他、彼の元恋人であるAriana GrandeもInstagramにて生前の写真をポストしている。

Ariana Grandeさん(@arianagrande)がシェアした投稿 -

その才能はもちろん優しい人柄でも広く知られていたMac Miller。彼の死がシーンに与えた悲しみが癒えることはなさそうだ。

RELATED

ウォリアーズがNBAファイナル第3戦の試合前にPusha TのDrakeディス曲をプレイしておちょくる

過熱するNBAファイナルと同時に、ラプターズを応援するDrakeとウォリアーズのコート外でのバトルも盛り上がりをみせている。

NBAファイナルの影響でDrakeの楽曲がベイエリアのラジオ局で放送禁止に

今年のNBAファイナルはゴールデンステート・ウォリアーズとトロント・ラプターズの顔合わせとなっている。両者1勝ずつで本日第3戦が行われているが、ラプターズを後押しするDrakeのおかげでヒップホップファンも興味津々となっているようだ。

Mac Millerのドキュメンタリー映画の制作が発表されるも遺族側が差し止めを要求

昨年の9月に突然この世を去ったMac Millerのドキュメンタリー映画を制作すると、映画監督のCJ Wallisが昨日発表した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。