Mac Millerのアルバム『Swimming』がApple Musicの全米チャート1位に

自宅で先週金曜日に亡くなっていたのが発見されたMac Miller。突然の訃報にヒップホップシーンをはじめアメリカの音楽業界全体が大きな悲しみに包まれている。そしてファンたちはMac Millerの音楽を聴くことで、これまでの功績を称えているようだ。

Mac Millerが8月にリリースしたばかりのアルバム、『Swimming』は週末に、Eminemの新作『Kamikaze』やTravis Scottの『Astroworld』などを退けApple Musicのアメリカチャートの1位に躍り出た。

さらにミュージックビデオのチャートでも5位までをMac Miller関連の作品が独占している。

8月にリリースされたアルバム『Swimming』は、ビルボードチャートで3位を記録していた。死去をきっかけに聴かれるようになるのもやるせない話ではあるが、彼の音楽は今後も聴かれ続けるのは間違い無いだろう。

RELATED

Mac Millerのドキュメンタリー映画の制作が発表されるも遺族側が差し止めを要求

昨年の9月に突然この世を去ったMac Millerのドキュメンタリー映画を制作すると、映画監督のCJ Wallisが昨日発表した。

Coachella 2019でKid CudiとChildish GambinoがMac MillerとNipsey Hussleを追悼

先週土曜日から3日間に渡って開催されているCoachella 2019の1週目。その2日目となる昨日にライブを行なったKid Cudiが、昨年死去したMac Millerと今月頭に銃撃によって命を落としたNipsey Hussleに捧げるパフォーマンスを行なった。

Madlibが故Mac Millerとのコラボアルバム『Maclib』はまとまった作品にはなっていないと語る

先月、プロデューサーのThelonious Martinがインタビューでその存在に言及して以来、リリースが待ち望まれていた故Mac MillerとMadlibによるコラボプロジェクト『Maclib』。MadlibがDJで同作からの楽曲をプレイしたことから近いうちにリリースされるのではないか、と見込まれていた同作だが、Madlib自身が「Mac Millerとのプロジェクトをリリースする公式の予定はない」と発表した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。