Post Maloneのプライベートジェットのタイヤがパンクし緊急着陸

今年の上半期に最も売れたアーティストであり、フジロック2018での素晴らしいライブも記憶に新しいPost Malone

そんな彼が飛行機トラブルで九死に一生を得た。TMZによると、Post Maloneと彼のチームはロンドンに向かうためニューヨークから飛行機に乗ったのだが、パイロットがタイヤの故障に気付き、急遽旋回し、緊急着陸に至ったとのこと。

幸いにも無事着陸には成功し、Post Malone本人にもけがなどはなかったようだ。
彼は着陸したあと、自身のTwitterでこのようにツイート。

みんな、俺は着陸したよ。無事を祈ってくれてありがとう。どのくらいの人が俺の死を願っていたのか信じられない。くそ食らえ。俺の命日は今日じゃない」とファンに感謝するとともに、アンチ達には皮肉をぶつけている。

そして、TMZは着陸後のPost MaloneとFaceTimeを行うことに成功。

彼は
「俺は飛行機が大嫌いだ。何を言うべきかわからないよ。俺はショックを受けている」と語り続けて、「ビールが欲しい、ワインも欲しい。一緒に飲みたい」ととりあえず大好きなビールを飲んで、リラックスしたかったようだ。

TMZにはPost Maloneが乗っていた飛行機が着陸する様子も掲載されている。

確かに、動画で見る限りは安全に着陸しているようだ。

今回、Post Maloneは幸いにも死を免れることができたが、人気アーティストである以上、これからも飛行機で移動することは多くあるだろう。
彼だけではなく、飛行機での移動は海外でのライブやフェスに引っ張りだこのアーティストにとっては宿命だ。
彼らのパイロットにはくれぐれも安全に飛行してほしいものだ。

RELATED

Post Maloneがカントリーファンからの批判を受けるLil Nas Xを擁護

先日、ついにBillboardシングルチャートで7週連続となる1位を獲得したLil Nas Xの“Old Town Road”。フィーチャリングで楽曲に参加してくれたBilly Ray Cyrusにマセラティをプレゼントするなど、夢のようなサクセスストーリーを歩み続けている彼だが、楽曲のヒット当初にカントリーチャートから除外されたことをはじめ、元来のカントリーファンから批判を受けていることも事実だ。そんな中、TMZの取材を受けたPost MaloneがLil Nas Xを擁護する発言をしている。

Post Maloneが自身のマリファナブランド「Shaboink」を設立か

アメリカでマリファナの合法化が進み、ビジネスの一大分野となった昨今。アーティストがマリファナビジネスに進出することも珍しくなくなったが、なんとPost maloneが自身のマリファナブランドを立ち上げようとしていることが明らかになった。

ファンによってPost Maloneの古いSoundCloudアカウントが発見される

現代のヒップホップシーンにおいて語るにあたり、欠かせないのがSoundCloudから成り上がったラッパー、いわゆるSoundCloudラッパーだ。SmokepurppやJuice WRLDなど今ではシーンの中心を担うラッパーの多くがSoundCloud出身である。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。