T.Iが『Trap Muzik』がリアルなドラッグディーラーを描いた先駆けの作品だったと語る

T.I.といえば以前Gucci Maneとどちらがトラップを発明したのかという論争を繰り広げたことは記憶に新しい

この議論は最終的に結論が出ることはなかったが、いずれにせよT.I.が今から15年前に発表したアルバム『Trap Muzik』が今のシーンに大きな影響を与えたことは言うまでもない。
今回T.I.はNoiseyのインタビューに登場。『Trap Muzik』について語った。

「俺が思うに、あれは1つの時代の始まりだったんだ」T.I.はまずこう述べた。
彼は続けて、「あの頃は、誰も今世界で何が起こっているのか知らなかった。『Trap Muzik』は人々に毎日何が起きているのかを知らせる為に作ったんだ。あれは人間の人生についてのアルバムなんだ。映画に出てくるキャラクターなんかじゃなくて、両親と暮らしている実際の人々についてのね。俺は『Trap Muzik』を作ることで人々にドラッグディーラーのことを気にかけて欲しい、そして俺らを人間として見て欲しかったんだよ。『Trap Muzik』は『Boyz n the Hood』みたいな感じだね。他のラッパーの作品は『Scarface』か『New Jack City』って感じだったけど」
と話す。要するに、『Trap Muzik』は『Scarface』や『New Jack City』のような非現実的な映画ではなく、『Boyz n the Hood』のような日常を描いた映画に近いというわけだ。

その当時は『Scarface』や『New Jack City』で描かれているドラッグディーラー像が人々に定着しており、実際に街で起きていることを誰も知らなかった。このような状況を打破するために、自身もドラッグディーラーとして生計を立てていたT.I.は、その日常を描いた『Trap Muzik』をリリースしたのである。

ヒップホップとドラッグは切っても切り離せない関係にあり、その現実を表現した『Trap Muzik』がクラシックと呼ばれるのはある意味必然なのかもしれない。

ちなみに、T.I.は『Trap Muzik』がリリースされてから15周年たった今年、新作『The Dime Trap』をリリースするとアナウンスしていたが、結局まだ発表されていない。リリースはいつになるのだろうか。

related

T.I.が「娘が処女か確認するために婦人科へ連れて行く」と発言した件について「ジョークだった」と釈明

先日、「娘が処女かどうか確認するために毎年婦人科へ連れて行ってる」と発言したことによって多方面から顰蹙を買ったT.I.。そんな彼が、先述の発言についての釈明を行なっている。

T.I.が「娘が処女かどうか確かめるために毎年婦人科に連れて行く」と発言し大きな批判を浴びる

ここ最近はNetflixのラップオーディション番組『リズム+フロー』で審査員を務めたことも話題のT.I.。トラップのパイオニアの一人として大きなリスペクトを集める彼が、人間として品性を問われるような発言によって大きな批判を浴びている。

T.I.がキャンセルカルチャーはフェイクだと主張

自身が審査員を務めるオーディション番組『リズム+フロー』も話題となっているT.I.。そんな彼が今回、キャンセルカルチャーはフェイクだと主張した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。