STUTSが待望の2ndアルバムを9月にリリース | 鎮座DOPENESS、Campanella、JJJ、C.O.S.A.×KID FRESINOなど豪華ゲストをフィーチャー

フロアアンセムとなった"夜を使いはたして feat. PUNPEE"などを収録したデビューアルバム『Pushin'』から2年半、STUTSが2ndアルバム『Eutopia』を9/5(水)にリリースする。

昨年リリースしたAlfred Beach Sandalとの共作ミニ・アルバム『ABS+STUTS』ではメロウなサウンドと「歌」に注力したビートが記憶に新しいSTUTS。2ndアルバムでは多彩なアーティストをフィーチャーした楽曲に加え、生演奏で構成したインスト楽曲等、ヒップホップを主軸に置きながら前作よりも幅広い音楽性を体現している。

ゲストには鎮座DOPENESS、Campanella、JJJ、仙人掌、Daichi Yamamoto、LAよりG Yamazawaといったラッパーがフィーチャー。さらに一十三十一、Maya Hatch、タイの人気シンガーソングライターPhum Viphuritが参加しているほか、ペトロールズの長岡亮介との共作曲には、C.O.S.A.×KID FRESINOとasuka andoが参加した。

また仰木亮彦(Gt / 在日ファンク)、nakayaan(Ba / ミツメ)、岩見継吾(Ba)、高橋佑成(Key)を迎えたスタジオでのライブセッションをサンプリング、再構築した楽曲を多数収録している。

Info

・アーティスト: STUTS
・タイトル: Eutopia
・発売日:2018年9月5日(水)
・税抜価格:2,500円
・品番: PECF-5003
・ジャンル:HIPHOP
・トラックリスト:全15曲収録
・レーベル: Atik Sounds / SPACE SHOWER MUSIC

RELATED

【特集】Campanella、WONK・長塚健斗、Chaki Zulu & Awichが選ぶ『EGO-WRAPPIN'の名曲選』

20年以上に渡り日本の音楽シーンの第一線で活動を続けるバンドEGO-WRAPPIN'。そんな彼らの9作目となるニューアルバム『Dream Baby Dream』が、先日5月22日にリリースされた。それを記念し、FNMNLではEGO-WRAPPIN'から大きな影響を受け親交も深いアーティストであるCampanellaとWONKのボーカル長塚健斗、そしてEGO-WRAPPIN'をオフィシャルでサンプリングしたトラック“紙飛行機”をリリースしたAwich & Chaki Zuluに、それぞれが好きなEGO-WRAPPIN'の楽曲を5曲ずつ紹介してもらった。

BASIが約2年ぶりのソロアルバム『切愛』をリリース | 唾奇、SIRUP、鎮座DOPENESSなどが参加

BASIが前作「LOVEBUM」から約2年ぶりとなるソロアルバム『切愛』を6月26日(水)にリリースする。

仙人掌のJJJとのコラボ曲“Darlin'”のNARISKによるリミックスが公開

仙人掌が昨年リリースした2ndアルバム『BOY MEETS WORLD』に収録され話題となったJJJとのコラボ曲、“Darlin'”のNARISKによるリミックスが公開となった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。