Foo FightersのDave GrohlがLil Pumpのパンクスピリットを称賛する

Lil PumpといえばいわゆるSoundCloudラッパーの代表格であり、まさしく若者たちが聴く音楽といったイメージが強い。しかし、そのシンプルなリリックと激しいサウンドは時にパンクを聴いて育った世代をも魅了するようだ。

Nirvanaの元メンバーで、現Foo FightersのフロントマンであるDave GrohlがRolling Stoneのインタビュー上でLil Pumpがお気に入りであると発言した。

Dave Grohlは、「俺とPat Smear(NirvanaのサポートメンバーでFoo Fightersのメンバー)は二人ともLil Pumpの大ファンになったんだ。例えば、Germsのレコードを昔ながらの音楽教育を積んだミュージシャンの父親に聴かせるような気持ちになるからな。パンクロックを聴いていたキッズだった頃、俺が望んでいたのはノイズと反抗だった」とパンクロックを聴いてきた自身の少年時代を回顧している。

「誰かがあの頃の俺のレコードコレクションを漁ったら、きっと『こんなの雑音じゃないか!』って思うだろう。俺はトラップビートといかした808が大好きなんだ。”Gucci Gang”に関して特に気に入ってるのは、あの曲の長さが2分間だってところだな。」と、Lil Pumpを聴くことで自身の少年時代を思い出したことを語っている。

Dave Grohlは今年の初めにも、BRIT AwardsでのインタビューにてLil Pumpのファンになったことを明かしていた。Daveは「俺はLil Pumpの世界に吸い込まれて、動けなくなっちまったんだ。出られないんだよ!」と、いかに自分がLil Pumpに夢中になっているかを語り、「どうして俺たちにはあんなヤバい曲が書けないんだ」とまで述べている。

Lil Pumpは音楽性のみならずその言動から賛否両論となることが多いラッパーだが、Dave Grohlはそのような部分からも自身が青春時代を共に過ごしたパンクバンドを思い出したのだろう。

Dave Grohlたちの世代が子どもの頃聴いていたり同時代を共に過ごしたようなアンダーグラウンドのバンドたちはドラッグなどの問題行動を数多く起こしてきたが、現在ロックバンドの代わりにそのような役割を果たしているラッパーたちを見て、80〜90年代に青春時代を過ごした世代が懐かしい気持ちになるということもあるのかもしれない。

RELATED

Lil Pumpが「ウィードを吸うのをやめた」と宣言

アルバム『Harvard Dropout』も好調なLil Pump。最近はPump Universityでの講義も続けるなど精力的に活動する彼が、なんとマリファナをやめたことを宣言した。

Lil Pumpがインタビューで「Bruno MarsやLady Gagaと曲を作りたい」と語る

Adam 22による人気Podcast番組「No Jumper」から、Lil Pumpのインタビューが公開された。Lil Pumpの家を訪ね様々な質問を行なっていくなかで、彼が今後コラボレーションしたいと考えているアーティストが明らかになった。

Lil Pumpの大学「Pump University」の第2回目の授業

先日、自身の名を冠した大学“Pump University”をYouTubeの自身のチャンネルにて開校したLil Pumpが、2つ目の授業『Pump University - Episode 2』を公開した。Episode 1では、持ち前のPump節全開で“健康”について授業を行ったPumpだが、今回のEpisode 2では“成功”についての授業を行っている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。