Jay Parkが2 Chainzをフィーチャーした新曲“Soju”をリリース

Jay ZのレーベルRoc Nationに所属し、自身でもレーベルAOMGを運営する韓国のラッパーJay Parkが、2 Chainzをフィーチャーした新曲“Soju”を発表した。

“Soju”のプロデュースは、Jay ParkとCha Cha Maloneが運営しSik-kなどが所属するレーベルH1ghr MusicのメンバーであるWoogieが手がけており、メロウかつオーセンティックなトラップチューンとなっている。

Jay ParkはComplexのインタビューにおいて、2 Chainzとのコラボレーションについて尋ねられ、「周りのみんなに『2 Chainzが参加するよ』って言ったら、みんな『マジで?』って感じだったよ。” Chainzといえばアトランタのスヌープドッグみたいな存在だからみんな興奮してた。彼はドープなアーティストだし、俺は彼と一緒に仕事ができて間違いなく名誉に思ってるよ。参加してくれて嬉しい。」と応えている。

Jay ParkはRoc Nationと契約したことをきっかけに今後リリースする殆どの曲のリリックを英語にするといい、今回リリースされるEPについても、

「“Soju”は韓国語だけど、歌詞は全部英語だ。俺はアーティストとしての自分に境界なんて無いと感じる。俺は自分のやりたいことがなんであろうと自由に表現できるんだ。俺にはまだアーティストとして伸びしろがあると思う。もちろん韓国語でも上手くやれるけど、検閲や人々が受け入れてくれるかどうかなど沢山の制限がある。」としている。

今後Jay Parkの作品はどのように進化していくのだろうか?

RELATED

MIYACHIがデビューアルバム『WAKARIMASEN』を本日リリース | Jay Parkも参加した"MESSIN"のミュージックビデオも

Migosのビートジャックをきっかけに注目を集め、"WAKARIMASEN"などのシングルも話題となっているMIYACHIが、本日デビューアルバムをリリースした。

Apple Musicで『The New Seoul』プレイリストがローンチ | Jay Parkによる特別番組が本日Beats 1で放送

Apple Musicで国や地域、都市にフォーカスして展開されているプレイリストシリーズ『The New』の最新版として、昨日『The New Seoul』プレイリストがローンチした。

2 Chainzが初めてのレーベル契約の前にツアー用のバスを買ったことを明かす

音楽シーンのみならず、どのような業界においても将来お金を稼ぐために、今お金を使っておく、いわゆる先行投資は必要だ。2 Chainzは若いときからその事を理解していたのかもしれない。先日、ニューアルバム『Rap or Go to the League』をリリースしたばかりの2 ChainzがThe Ringerのインタビューに登場。自身が初めてレーベル契約を果たす前に、ツアーバスを買ったことを明かした。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。