Kendrick Lamarがステージにあげた白人のファンがNワードを歌ったことを注意する

これは日本でも注意しなければいけない問題だろう。Kendrick Lamarが先週あったアラバマのHangout Festでのライブで、ステージに1人の白人のファンを呼び込み"M.A.A.D City"を一緒にパフォーマンスしたが、そのファンがNワードも一緒に歌ったことが問題となっている。

ファンはKendrickと一緒にパフォーマンスしたが、Kendrickは途中で「待て、待て、待て」とファンを制している。ファンが「私はダメだった?どうしたの?」と聞くと、Kendrickは「君はある単語を消さなければいけない」と、ファンがNワードを歌ってしまっているのを咎めている。

ファンが「私は言ってた?」と尋ねると、Kendrickは「やってたね」と述べているが、再度このファンにパフォーマンスさせたという。

7月のFUJI ROCKでも、もしかしたらこのような場面がくるかもしれない。その時は今回の件を教訓にしてほしい。

RELATED

Kendrick LamarとSnoop Doggがそれぞれ故Nipsey Hussleとの思い出を語る

4月1日、銃撃によって命を落としたことが報じられたNipsey Hussle。多くのアーティストが彼に対する追悼を行なっている中、生前の彼と親交のあったKendrick Lamarが追悼のメッセージを公開している。

ScHoolboy QがKendrick Lamarが9人の観客の前でライヴをしたエピソードを明かす

今では世界中でワンマン公演を大規模に行っているKendrick Lamar。ライヴチケットはプレミアとなっている彼もまた、少人数の観客の前でパフォーマンスをした経験があることを、TDEの盟友ScHoolboy Qが明かした。

Offsetがアルバム『FATHER OF 4』でKendrick Lamarをゲストに迎えようとしていたことを明かす

先週金曜日にリリースされたOffset初のソロアルバム『FATHER OF 4』。プロデューサーにSouthsideとMetro Boominを迎え、J. ColeやGunna、Cardi B、Travis Scottなどをフィーチャーした豪華なメンバーの同作だが、OffsetはさらにKendrick Lamarが参加する楽曲を制作しようとしていたという。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。