Rich The Kidが“Who Run It”のビートでLil Uzi Vertをディス

いまだにビーフが続いているRich The KidとLil Uzi Vertにまた新たな動きがあった。

FNMNLではLil Uzi Vertが現在アメリカでムーヴメントとなっている“Who Run It”のビート上でRich The Kidをディスしたことを取り上げたが、今度はRich The Kidが“Who Run It”のビートに乗って再びLil Uzi Vertを攻撃した。

このリミックスで彼はこのようにラップしている。“Lil Uzi is a big bitch(Lil Uziはヤバいビッチだ)”このラインはLil Uziの元交際相手とされるBrittany Byrdについてだと考えられる。さらにRich The Kidは“I just might fuck on Brittany(俺はBrittanyとヤれるぜ)ともラップしている。Lil Uziに自身の離婚のことをディスられた仕返しと言わんばかりのラップである。

そしてRich The Kidはこのリミックスのリリースとほぼ同時にアルバムからのシングル“Dead Friends”のミュージックビデオも公開した。
この曲もLil Uziへのディス曲で、楽曲がリリースされたときは話題になった。

その曲のMVが今回公開されたわけだが、内容としてはLil Uziを想起させるような緑髪の男性とRich The Kidが初めは仲よさそうにしているものの、喧嘩してしまい、怒ったRich The Kidがその男性を殺害し、埋めてしまうというそこそこえげつないものとなっている。

ここにきてRich The Kidが一気に勢いを強めた感じがするが、このビーフはどのような結末を迎えるのだろうか。

related

Don Cannonが「アルバムのデラックス版を出すトレンドはLil Uzi Vertが作った」と語る

今年3月、長く待たれたアルバム『Eternal Atake』をリリースしたLil Uzi Vert。アルバムはファンから大いに歓迎され全米アルバムチャートで初登場1位を記録したが、その僅か一週間後、同作のデラックスバージョンとして2016年のミックステープ『Lil Uzi Vert vs. The World』の続編にもあたる『Eternal Atake (Deluxe) - LUV vs. The World 2』を続けざまにリリースし話題を呼んだ。

FutureとLil Uzi Vertのコラボプロジェクトが来週リリースか|ティザームービーも公開

待望のニューアルバム『Eternal Atake』のリリースも話題を呼んだLil Uzi Vertと、最新作『High Off Life』も好評であったFuture。そんな二人が、7月31日にコラボプロジェクトを発表することを予告し大きな注目を集めている。

Lil Uzi VertがKanye Westに「俺のために祈ってくれ」と呼びかける

今年は待望のニューアルバム『Eternal Atake』をリリースし活動の勢いを増しているLil Uzi Vert。そんな彼がKanye Westに対し謎の呼びかけを行なっている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。