カナダが今夏のマリファナの完全合法化に前進

アメリカの各州では徐々にマリファナの合法化が進められているが、隣国のカナダではそれを飛び越えて、国全体での合法化を目指す法案が現在議会に提出されている。

C-45という名前がついた、このマリファナ合法化法案は、先週2回目の立法機関の請求書の提示を通過し、委員会で議員が法案の修正案を議論する段階に入った。

CBC Newsによれば保守党選出の議員でこの法案に反対しているDenise Battersは、委員会でこの法案に歯止めがかかることを期待しているという。Battersは、法案の問題点として18歳以上という年齢制限が低すぎることや、12~17歳でも5グラム以下の保有なら、法に問えない点などを挙げている。

こうした反対意見が委員会で議論され、修正案が追加されればカナダ上院は法案を投票にかけ、可決する見通しと予想されている。トルドー首相も上院が可決した法案については、そのまま承認するとみられており、スケジュール通りにいけば夏の終わりには法案が成立する予定だ。

マリファナが国家として完全に合法化されればウルグアイについで2カ国目となる。カナダがこの法案を通そうとしている背景には、マリファナ産業の盛り上がりもあるのは間違いないだろう。

 

related

Richardsonがカリフォルニアの最も大胆な大麻企業Alien Labとコラボレーション

RichardsonがAlien Labとコラボレーションし、2021年10月30日(土)よりカプセルコレクションを発売する。 Alien Labsは、カリフォルニアの最も大胆な大麻企業の一つであり、世界的な現象としていち早く大麻文化をブランド化した企業の一つである。 本コレク...

ニューヨークでマリファナの娯楽目的での使用が合法化へ|州知事と州議会が合意

世界的にマリファナの解禁が進められつつある昨今。特にアメリカでは多くの州がマリファナの非犯罪化、合法化に踏み切っているが、そんな中、ついにニューヨーク州でマリファナの娯楽目的での使用と販売が合法化されることが決まった。

Jay-Zがマリファナビジネスに参入するマイノリティをサポートする基金を立ち上げる

昨年、自身のマリファナブランド「Monogram」を立ち上げたJay-Z。そんな彼が、新たにマイノリティが経営するマリファナのスタートアップ企業に投資するための基金を立ち上げたことが報じられている。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。