6ix9ineがThe Gameに続きYGともビーフに突入

コンプトンのギャングスタラッパーThe GameとSNSを通じてビーフを行っている話題のラッパー6ix9ineだが、また1人敵を増やしてしまったようだ。

6ix9ineが新たにビーフを行っているのは、The Gameと同じくコンプトンのブラッズに所属するラッパーのYGだ。

ことのきっかけは6ix9ineがラジオ番組『The Breakfast Club』に出演した際、YGについて「めちゃくちゃ昔熱かったラッパー」とロートル扱いしたのが原因。

それを聞いたのかYGはTwitterに"Fxxk 6ix9ine"と投稿。

その後Instagramにも「Bomptonのブラッズとして、ふざけるなよ6ix9ine」と再度投稿した。

ON RU’Z DOE

YGさん(@yg)がシェアした投稿 -

それに対し6ix9ineは、Instagramで応戦。「大の大人がよ。ガキに感情を乱されてるぞ、ブラッズ」とまたもお得意の煽りを行っている。

L ???

DAY69 IS OUT NOW !!!!!!!さん(@6ix9ine_)がシェアした投稿 -

YGとThe Game対6ix9ineという構図は、90年代にあったNYとLAの抗争と図式的には同じである。6ix9ineの煽りはどこまでLA側をヒートアップさせるのだろうか。『The Breakfast Club』で彼はLAのギャングをビビってないとも話している。

related

YGの2014年の楽曲“Meet The Flockers”が「反アジア系のリリックを含んでいる」としてアルバム『My Krazy Life』がストリーミングプラットフォームから一時削除

アメリカでは昨年から今年にかけ、アジア系の人々をターゲットとした暴力事件が多発し、大きな問題に発展している。そのような状況の中、YGの2014年のアルバム『My Krazy Life』に収録されている楽曲“Meet The Flockers”が問題視されている。

YGとNipsey Hussleの“FDT”を道路で流していたファンがトランプ支持者に殴られる事件が発生

2016年に、YGと故Nipsey Hussleがリリースし反トランプのアンセムの一つとなった“FDT”。あまりに直接的なフックのリリックがこれまで良くも悪くも様々な事態を巻き起こしてきたが、今回、この楽曲をきっかけにトラブルに巻き込まれてしまった人物が現れたようだ。

6ix9ineが「俺の曲が長くヒットしないのは金を払ってラジオで流してもらっているから」と正直に告白

先週金曜日、出所後初となるアルバム『TattleTales』をリリースした6ix9ine。Lil Durkとのビーフとそれに伴う買収疑惑など相変わらずトラブルの渦中にいる彼が、インタビューで心境を語っている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。