NF Zesshoのアルバム『CURE』から先行シングル"Jenny Gump[Another] feat.サトウユウヤ"のミュージックビデオ

福岡を拠点にするラッパーでビートメイカーのNF Zesshoが、4月にリリースするアルバム『CURE』から、先行シングル"Jenny Gump[Another] feat.サトウユウヤ"のミュージックビデオが公開された。

このミュージックビデオはPitch Odd Mansionを主宰し彼らのMVを多く手掛けてきた映像ディレクターKunieda Shintaroが監修、NF Zesshoと客演のサトウユウヤによる心の痛みを吐き出したリリックとNF Zesshoによるギターサウンドが特徴のメロウトラックにKunieda Shintaroの映像美がマッチした一作となっている。

iTunesではプレオーダー中、明日23日(金)よりダウンロードが可能だ。

Info

Cure_JK

NF Zessho 3rd Album「CURE」2018.4.25(WED) ON SALE!!
Manhattan Records → https://goo.gl/AWZgq3
Tracklist
01.[Side B]intro
02.Water flow 【Prod. by NF Zessho】
03.Jenny Gump 【Prod. by NF Zessho】
04.Unlade 【Prod. by NF Zessho】
05.skit
06.Blono's Way 【Prod. by NF Zessho】
07.Velvet Sofa 【Prod. by NF Zessho】
08.the World Beginning 【Prod. by NF Zessho】
09.Inner Child 【Prod. by NF Zessho】
10.[Side A]intro
11.Jenny Gump[Another] feat.サトウユウヤ 【Prod. by NF Zessho】
12.Blono's Way[Another]feat.RAITAMEN 【Prod. by Sweet William】
13.Velvet Sofa[Another] 【Prod. by lee (asano+ryuhei)】
14.Refrain feat.Yoshinuma 【Prod. by Yoshinuma&NF Zessho】
15.Hey People 【Prod. by Arμ-2】
16.Wonder Child feat.唾奇 【Prod. by NF Zessho】

related

NF ZesshoがEP『Some Nights』をリリース|18scottやdhrma、Flat Stanleyが参加

福岡出身のラッパー/ビートメイカーのNF Zesshoが、新作EP『Some Nights』を3月2日にリリースする。 3曲入りの今作では自身のトラックに加え、LA在住のFlat Stanley、 EPISTROPH所属のdhrmaがトラックを提供。そして客演に18scottが参加している。...

Mr.Budがニューアルバム『Garage』よりNF Zesshoとの楽曲”Echolocation”のMVを公開|アルバムにはCHICO CARLITOやSound’s DeliのGypsy Well、サトウユウヤ、Warboなどが参加

ビートメイカーのMr.Budがニューアルバム『Garage』を11月13日(土)にリリースする。 MPCを主な製作機材の基板として、19歳の頃にビートメイクを始めたMr.Bud。2019年に1st アルバム 『Blue Science』 をリリース、2020年には OllKorrectからJ...

NF ZesshoがEP『Phytoplankton』をリリース

福岡市早良区出身のラッパー、ビートメイカーであり、6月にはMASS-HOLEプロデュースのシングル"Axe of despair"も話題となったNF Zesshoが、新作EP『Phytoplankton』をCDにてリリースした。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。