KID FRESINOが新曲"Coincidence"の山田智和によるミュージックビデオを公開

1月に初のバンドセットでのワンマンライブを行ったKID FRESINOが、現在制作中のニューアルバムより、7インチ・アナログ盤で先行リリースした"Coincidence"のミュージックビデオを公開した。

この楽曲はワンマンライブでもバックを務めた三浦淳悟 (bass / PETROLZ)、斎藤拓郎 (guitar / Yasei Collective)、石若駿(drum)、小林うてな(steelpan)という編成で制作された楽曲となっていて、EP『Salve』以降のKID FRESINOのサウンドが刻み付けられている。

本日公開されたミュージックビデオは映像作家で映画監督の山田智和が制作しており、雪の降る新宿の街をFRESINOが自由に動き回るシンプルで力強い内容になっている。

ビデオに使用した音源はUKメトロポリス・スタジオのマスタリング・エンジニアであるスチュアート・ホークスがマスタリングを手掛けている。

またFRESINOのオフィシャルサイトTwitterアカウントも新たに開設された。

Info

KID FRESINO『Coincidence / Arcades ft.NENE』
2018.02.03 On Sale
7INCH DDKB-91013  1,500Yen+Tax
Released by Dogear Records / AWDR/LR2

[TRACK LIST]

Side A : Coincidence
Side B : Arcades ft.NENE

related

Aマッソ+KID FRESINOによる『QO』が2枚組アナログでリリース | Amazon Prime Videoでも配信決定

AマッソとKID FRESINOが今年初頭に開催した2マンライブツアー『QO』。

椎名林檎の初のオフィシャルリミックスアルバムにKID FRESINO、STUTS、Ovall、Miso、object blueなどが参加

椎名林檎が初のオフィシャルリミックスアルバム『百薬の長』を11/30(水)にリリース、参加アーティストが発表された。

KID FRESINOが3年ぶりの有観客ワンマンライブをZepp DiverCityで来月開催

KID FRESINOが3年振りの有観客ワンマンライブをZepp DiverCityで10/25(火)に開催する。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。