tofubeatsによる企画『HARD-OFF BEATS』に対しHARD-OFFが2018年版の制作をリクエスト

tofubeatsによるHARD-OFFで購入したレコードのみをサンプリングの素材としてオリジナルの楽曲を制作する企画『HARD-OFF BEATS』。

主催のtofubeatsを含め、集まったビートメイカーはokadada、GUNHEAD、PARKGOLFの4人による春の陣と、in the blue shirts, パソコン音楽クラブ、テムズビート、そして第一回目でも登場したふーみんによる大阪編が昨年春にYoutubeで公開された。

その舞台となったHARD-OFFがtofubeatsに対し、お礼と共に2018年版の制作をTwitter上でリクエストした。

HARD-OFFの投稿によれば、『HARD-OFF BEATS』を「ひっそり」社員も楽しんでいるということ。tofubeatsに対する感謝が述べられ、最後にはtofubeatsの多忙さも考慮しつつ、2018年版の開催をリクエストしている。

またHARD-OFF側は、勝手にHARD-OFFの本拠地・新潟での開催をリクエストするなど悪ノリも見せている。

これに対しtofubeatsは昨年末のツイートで、「来年のロケハンもスタートしているので仕事と体調が噛み合えば2018もやりたい」と投稿しており、HARD-OFF側のリクエストは叶えられるのだろうか。

related

tofubeatsの5thアルバム『REFLECTION』のリミックス集がリリース | STUTS、KM、TOWA TEI、OMSB、荒井優作、Peterparker69、speedometer.、RYOKO2000が参加

tofubeatsが5月にリリースした5thアルバム『REFLECTION』のリミックス集『REFLECTION REMIXES』が11/3(木)にリリース決定した。

tofubeatsの最新アルバム『REFLECTION』がアナログレコード化 | 11月のレコードの日にリリース

tofubeatsの5thフルアルバム『REFLECTION』が、レコードの日である11/3(木)にアナログレコードでリリースされる。

【フォトレポート】『YOKOHAMA URBAN SPORTS FESTIVAL 2022』

6/4(土)、6/5(日)に横浜赤レンガ倉庫を舞台に開催された『YOKOHAMA URBAN SPORTS FESTIVAL 2022』。日本最大級のアーバンスポーツの祭典と銘打たれ、日本人選手の活躍で一躍人気となったスケートボードやBMX、今新たに注目されているブレイキンやパルクールなど、全6種目の世界的プレーヤーたちが一堂に会したこのイベント。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。