フリーだったLil Pumpが古巣のWarner Bros.と800万ドルの契約金で再契約との報道

Warner Bros.との契約を1月に破棄し、フリーエージェントとなりその去就が注目されていたLil Pumpが、古巣のWarner Bros.と800万ドル(約8億5000万円)の契約金で再契約を行ったとTMZが報じている

TMZによればWarner Bros.とPumpは前金として800万ドルを支払い、さらに初年度は9000ドル、次年度は1万2000ドル、その翌年は1万5000ドルを支払う7年契約を結んだという

さらに楽曲などのロイヤリティーについてはアメリカで売れた分の14%をPumpは獲得し、フォーマットによるが最大で66%のロイヤリティーを規定も盛り込まれている。バブル状態となっている現在のヒップホップシーン、その中でも動向が話題となっていたPumpが高額契約を果たしたことで、次に誰が契約を行うだろうか。

SNSなどで話題となっている6ix9ineは、先日BirdmanのRich Gangと16億円で契約したとアナウンスしたが、あえなく否定されている。

related

Lil Pumpが先日の引退宣言を撤回し新曲をアナウンス

先週土曜、突如として「俺の音楽活動は終わった。辞めるよ」と引退を宣言したLil Pump。そんな彼が、やはりと言うべきか引退宣言をわずか数日で撤回した。

Lil Pumpが音楽活動からの引退を宣言

お騒がせラッパーとして知られるLil Pumpが音楽活動からの引退を宣言した。

Lil Pumpが「俺は今地球上で1番アツいラッパーだ」と主張

先日、突如として「俺はマイアミの王だ」と宣言し、久々に彼らしい大胆な言動を見せたLil Pump。そんな彼が今回、自身のInstagramにて改めて自分がこの地球上で最もアツいラッパーだと主張した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。