21 SavageがSSENSEのインタビューで「お金を使うのがバカらしくなった」と明かす

ラッパーの21 SavageがファッションサイトSSENSEのインタビューに登場、先日の記事でも触れていた今後のお金の使い方について語っている。

21 Savageのマネージャーは、21 Savageは今後ジュエリーを身につけずに仮想通貨や不動産に投資していくと述べていたが、このインタビューでも21 Savageは「俺が今までに会ったいちばんの金持ちは宝石なんか着けてなかった」と語り、「だから俺も宝石なんか着けないんだ。リッチになりたいからな!最初はバカな奴らはクソみたいなことをやるもんだ。金なんて全く持ったことがないからな。ダチのほとんどは銀行口座に入ってる金よりも宝石を持ってるぜ。でも、俺は違う」と話している。

その答えに対しインタビュアーが「お金を使うのに飽きましたか?」と尋ねると、「バカらしくなった」と21 Savageは答え、「賢いお金の使い方とはどういうものでしょうか」とさらに突っ込むと「株だろ。それと不動産」と、回答している。SSENSEの21 Savageのインタビューの日本語訳はこちらで読むことができる。

related

Young Chopが突如21 Savageをディス

Chief Keefの楽曲を手掛けていることなどで知られるプロデューサー、ラッパーのYoung Chop。そんな彼が、突如として21 Savageにビーフを仕掛けたことが話題を呼んでいる。

グラミー賞で最優秀ラップ楽曲賞を受賞した21 Savageの “a lot”のビートが1時間で作られたことが明かされる

いよいよやって来たグラミー賞発表の季節。ヒップホップファンにとってきになる賞はやはり最優秀ラップアルバムと最優秀ラップ楽曲だが、今年は21 SavageとJ. Coleの“a lot”が最優秀ラップ楽曲賞を受賞。そんな同曲のビートが、わずか1時間で作られたものであることが明かされている。

21 Savageが感謝祭のディナーに300組の家族を招待すると発表

これまでも教育キャンペーンや、移民税関局(ICE)に不当な拘留をされた人々のために寄付をするなど、地元アトランタを中心に自身がラップなどで得た利益を還元してきた21 Savage。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。