21 Savageが今後ジュエリーを身につけない理由

ラッパーと高額なジュエリーの関係は切っても切り離せないようなものだ。人気ラッパーたちは、こぞって自分だけのきらびやかで高額なオリジナルのアクセサリーをSNSなどで見せびらかしている。

しかし21 Savageはどうやら別のようだ。

21 SavageのマネージャーであるStone Mound Meezyが、下記のようなツイートを行っている。

このツイートによれば21 Savageは今後ジュエリーを身につけないが、ジュエリーを購入する代わりに、21は「家を購入したり、仮想通貨や若者のスタートアップビジネスに投資を行う」という。

21は自らこれらのことを行うことで、若手ラッパーにジュエリーを購入することじゃなく、不動産や投資を行うことがクールなこととして認知されることを望んでいるようだ。

確かにストリートヒットを出して、ジュエリーを購入することはラッパーとして華々しい成功に見えるが、人気がなくなってしまうと破産宣告などを受けるラッパーも少なくはない。そうした人生の長期的なビジョンを持つラッパーを増やしたいという思いが、21にはあるようだ。

RELATED

21 SavageがKodak Blackの逮捕について「ラッパーはもっと自分の身を守らなければいけない」と語る

先日のRolling Loudに出演する直前に銃器を所持していた容疑で逮捕され、最大で10年の禁固刑を受ける可能性も浮上しているKodak Black。今年に入り警察沙汰や他のラッパーとのトラブルを数多く起こしてきた彼に対し、21 Savageがアドバイスを行なっている。

21 Savageが経済についてのワークショップを開催し子供たちに100ドルをプレゼント

今月の初めに始動がアナウンスされた21 Savageの教育キャンペーン「21 savage Bank Account」。その第一回となるワークショップが先日アトランタにて開催された。

21 Savageがベッドと寝室を自慢する

先月には不法滞在の疑いで移民税関局に逮捕されたものの、釈放され平穏な生活に戻った21 Savage。そんな彼が、自宅のハイテクな寝室とベッドを自慢する平和な動画が公開された。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。