Spotifyがリスナーがどれだけの女性アーティストの曲を聴いたかを分析するツールを開発

先日、FNMNLでは、男女差別問題を受けて45の音楽フェスが2022年までに出演アーティストの男女の比率を平等にすると公言したことを取り上げたが、Spotifyも音楽業界における男女差別問題を受け、あるツールを開発した。

1月にはアーティストにおける男女格差についての研究も発表されており、Spotifyではこれを受けて国際女性デーを迎えるに当たって新たなツールを開発。

そのツールとは、リスナーが男性アーティストの楽曲と女性アーティストの楽曲をどのくらいの割合で聴いているかを分析し、その比率を平等にしたプレイリストをリスナーに対して提示するというものである。Sminoffとのコラボで作られたこのツールは音楽業界の不均衡を掲示し、そこに意識的になるように作られたものだ。

SpotifyのTim Ganssはこのツールを発表するにあたり、このように語っている。

「2017年、Spotifyで多く再生された楽曲のTop10は全て男性アーティストによるもので、女性アーティストによる優れた楽曲を全く反映できていなかった。とりわけ2017年は女性アーティスト達にとって素晴らしい年だったというのに」

related

SpotifyとO-EAST、O-WEST、 O-Crest 、O-nestがネーミングライツ契約を締結

渋谷のライブハウスO-EAST、O-WEST、 O-Crest 、O-nestがSpotifyとネーミングライツ契約を結んだ。これにより12/1からSpotify O-EAST / Spotify O-WEST / Spotify O-Crest / Spotify O-nestにそれぞれ名称変更となる。

Spotifyが日本のヒップホップにフォーカスした新たなプレイリスト『+81 Connect』を公開 | Awich、BIM、Daichi Yamamoto、KM、Leon Fanourakis、LEXなどをアンバサダーに起用

Spotifyが5年間にわたり日本のヒップホップシーンの今を切り取ってきたプレイリスト『New Era: J-Hip-Hop』をリブランディングした新しいプレイリスト『+81 Connect』を公開した。

FNMNL編集部がチョイスする6月のベスト30曲

毎週更新されるFNMNLのSpootifyオフィシャルプレイリストの中から、月間のベストトラックを選出したプレイリストの6月編が本日公開。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。