21人のグラフィティアーティストが聖地5Pointzを巡る訴訟で賠償金670万ドルを勝ち取る

ニューヨークのグラフィティ・アーティスト21人が、グラフィティの聖地であるクイーンズ区ロングアイランドシティの倉庫ビル(通称5Pointz)の壁画の取り壊しに関する裁判に勝訴し、賠償金670万ドル(約7億2000万円)を得ることとなった。

2月12日(現地時間)、ブルックリンの連邦裁判所判事はクイーンズ区ロングアイランドの5Pointzにあった21アーティストによる壁画作品45点には、法的保護を受けるに値する芸術的価値が認められると判断し、上のような判決を下した。

ニューヨークタイムズによると、この裁判は21人のアーティスト達が倉庫ビルの所有者である不動産会社社長Jerry Wolkoffに対し起こしたもので、裁判所は2013年にWolkoff氏が5Pointzにあったアート作品を白塗りした行為を違法であるとした。

Wolkoff氏の弁護士は「所有する不動産に対する行為はいずれも認められる」といった主張をしていたが、この訴えは認められなかった。裁判所は、ある財産が権利上は誰かの所有権である場合であったとしても、その財産が保護されるべきであると多くの人が認識しているとき、これを破損する行為はV.A.R.A(美術家人権法)に違反する、という判断を下した。

また、グラフィティアーティスト側の弁護士を担当したEric Baum氏は、これについて「今回の裁判に関わったアーティストだけでなく、アメリカ中のアーティストたちにとっての勝利でもある」とコメントしている。

(辻本秀太郎)

related

【特集】渡辺志保のトロント訪問記 Vol.2 | 独自の文化が根付くパブリックアート、多様性を打ち出す先進的な都市

Vol.1はこちらから。 今回、一週間足らずの滞在ではありましたが、トロントはとてもインプレッシヴな街でした。個人的には、人生において二度目のトロント訪問。とは言っても、前回訪れたのは私が11歳頃の時。詳しい記憶はすでに霧の中…という感じですが、それでも、当時トロントで観覧したブロードウェイ・...

Martha Cooperがグラフィティークルー1UPと過ごした1週間の記録を記念した展示が開催

70年代からアメリカのグラフィティー・シーンを写真に収めて来たMartha Cooperが、ベルリンを中心にヨーロッパや世界各地で活動してきたグラフィティークルー1UPと共に1週間を過ごした記録を収めた写真集『ONE WEEK WITH 1up』を刊行する。

ストリートアートをテーマにした特集上映でBANKSYの初監督作や『ワイルド・スタイル』などを上映

渋谷から様々なカルチャーを発信してきたPARCOが、渋谷の劇場4館でストリートアートをテーマにした映画を上映する企画『SHIBUYA CINEMATIC GRAFFITI vol.1』を開催する。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。