コロラド州知事がマリファナの所持や売買による受刑者の釈放を検討中と明かす

2014年よりマリファナが完全合法化されているコロラド州知事・John Hickenlooperが、マリファナ所持による受刑者を釈放することを検討していることを明かした。昨年11月には、受刑者7名の釈放が実現したという。

州知事は、さらに40名近くの受刑者を釈放する議論を進めているという。この際、釈放されるのはマリファナの所持や売買などの犯罪により受刑している者に限られるという。

釈放の意図としてはコロラド州刑務所の過密問題が挙げられ、州知事のJohn HickenlooperはThe Denver Postに対して以下のように話している。

「現在、私たちの刑務所には十分なスペースがありません。よって、現在は合法化されている、非暴力的な犯罪によって長期間の懲役を受けている者に関しては、彼らを釈放する可能性について検討する必要があるかもしれません。」

現在、コロラド州はマリファナの所持もしくは売買の罪により懲役中の受刑者について、彼らの刑務所内での行動観察を行なっているという。

John Hickenlooperはビジネスやテクノロジー関連の動画チャンネル・Cheddarのインタビューにおいて、これらの計画について話している。

 

 

昨年コロラド州では、住民投票により大麻の合法化が可決した2012年以前の大麻の売買や所持に関する犯罪履歴を削除する要求を裁判所に求めることができる法整備を行なった。

現在、嗜好用のマリファナが合法化されているカリフォルニア州のサンフランシスコやサンディエゴにおいてもこの動きは進んでおり、数千人の大麻関連の犯罪履歴の削除が実現するとみられている。

RELATED

2500年前の墓地から古代人がマリファナを吸っていた最も古い痕跡が発見される

北京の中国科学院・科学アカデミーのYimin Yang率いる考古学者チームは、中央アジアのパミール山脈にある2500年前の墓地で、古代人がマリファナを吸っていた最も古い痕跡を発見した事をScience Advancesで発表した。

Rolling LoudでDaBabyが観客に投げたマリファナが偽物だったことが判明

先週末より開催されていたRolling Loud。そんな中DaBabyがライブ中に大量のマリファナを観客に投げたことが話題となっていたが、そのマリファナがフェイクだったことが明らかになった。

『グラス・イズ・グリーナー:大麻が見たアメリカ』|大麻と音楽や人種差別の歴史、そして合法化の先を描くドキュメンタリー

先日4月20日、Netflixにてドキュメンタリー『グラス・イズ・グリーナー:大麻が見たアメリカ』の配信が開始された。このドキュメンタリーはヒップホップレジェンドであるFab 5 Freddyが監督と案内人を務め、アメリカにおける大麻の過去と現在を紐解いていくものである。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。