中国がテレビ番組でヒップホップに関連するものを全て放送禁止へ | 人気ラッパーたちの番組出演もキャンセル

Higher Brothersの躍進や、人気TV番組『The Rap of China』などの登場で、一気に広まりつつあった中国のヒップホップカルチャーが、突如として危機に陥ったとTIMEが報じている

同紙の報道によれば、中国のテレビ、ラジオ、新聞などを管轄する期間である国家新聞出版広電総局が、「テレビ番組でタトゥーが入っている俳優やヒップホップカルチャー、サブカルチャー、それに派生する退廃的な文化を放送するべきではない」と特別に要求したという。

同局のGao Changliは「中国共産党と気持ちとモラルが一致していない清潔でない俳優は絶対に使ってはいけない、味がなく下品で猥褻な俳優は絶対に使用してはいけない」など4項目の要求を追記している。

この要求により、人気ラッパーのGAIやVaVaがTV番組の出演がキャンセルになり、インディーレーベルのTriple Hの音源は大手ストリーミングサイトの配信がストップしてしまっている。さらにPG Oneは自身の楽曲"Christmas Eve"でドラッグについて隠喩的に歌ったことを謝罪させられている。

日本からもKOHHやkiLLaなどが度々中国でライブを行っており、交流が盛んになったタイミングでの、今回の規制は中国だけでなくアジア全土のヒップホップカルチャーの盛り上がりに大きな影響を与えるのは間違いないだろう。

RELATED

ヒップホップ黄金期を体験できるイベントが来週月曜日に緊急開催 | ヒップホップムービーの名作3作の無料上映も

9/16(月・祝)に東京・表参道ヒルズのスペース オーで、ヒップホップの黄金期である1990年代を体感できるイベント『SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA 2019 90s HIP HOP EXPERIENCE』が開催される。

ヒップホップとキリスト教の歴史にフォーカスした異色の書籍『ヒップホップ・レザレクション』が今週刊行

日本基督教団阿倍野教会牧師でありヒップホップの現場を知り尽くした神学者の山下壮起による書籍『ヒップホップ・レザレクション』が、7/25(木)に刊行される。

EMPIRE編集長が現在のヒップホップ人気に対して懐疑的な姿勢を示す

先日開催されたSXSWにて「カルチャーに爆発を起こしたヒップホップの流行」という議題で、EMPIREのCEOであり設立者のGhazi Shami氏が語った。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。