Migosのアルバム『Culture II』から新曲"Supastars"が公開 | 新作にはKanye WestやPharrell、Metro Boominなどが参加

Migosが今週金曜日リリースするアルバム『Culture II』。大ヒットした前作を超える期待が集まっている同作から、"Supastars"が公開された。

C Noteが手がけた"Supastars"は、3人のスムースなコンビネーションが楽しめるMigosらしい楽曲となっている。またアルバムに参加したプロデューサーのクレジットも公開され、Quavoと一緒にビート制作を行ったというKanye Westの名前もMike Deanと一緒に記され、他にPharrell、Metro Boomin、Murda Beatz、Zaytovenなど錚々たるプロデューサー陣がクレジットされている。

RELATED

Kanye Westの教会を建てるアイデアにKim Kardashianも協力的なことが明らかに

先日、Kanye Westが自身の教会を設立することを計画しているとの報道があった。Coachellaでのパフォーマンスも話題となった「Sunday Service」など宗教的な面を近頃は多く見せているものの首をかしげざるを得ないこのアイデアだが、Kanyeだけでなく彼の妻であるKim Kardashianも教会設立に前向きであるようだ。

Gucci Maneが「Migosは昔のMVでフェイクのチェーンをつけていた」と主張するもTakeoffに否定される

現在は不動の地位を確立しているGucci ManeとMigos。今回、Gucci ManeがMigosに対し思わぬ指摘を行なったことが話題となっている。

Metro BoominがTwitter上での自身に対する批判に激怒

Migosの“Bad and Boujee”をはじめ、Futureの“Mask Off”、21 Savageの“Bank Account”など数多くのヒット曲を生み出してきたプロデューサーのMetro Boomin。昨年には、一時はラップシーンから引退することをほのめかしたものの、自身初のソロアルバム『Not All Heroes Wear Capes』をリリースするなど名実ともに現代を代表するトッププロデューサーの一人となった。そんな彼が水曜日、Twitter上での自身への批判に激怒した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。