Diddyが問題となったH&Mの広告に登場した少年モデルに100万ドルでモデル契約をオファーとの報道

黒人の少年モデルが"Coolest Monkey In The Jungle"とプリントされたパーカーを着ている広告写真が問題となり批判を浴びているH&M。

トップアーティストたちもH&Mに対して厳しい批判を加えているが、Diddyは批判だけでなく別の施策も考えているようだ。

Metroが伝えているところによれば、Diddyはこの広告写真のモデルとなった少年と、自身のブランドSean Johnの専属モデル契約を結びたいと考えているようで、その契約金は100万ドル(約1億1000万円以上)を予定しているという。しかしMetro側がDiddyサイドにコメントを求めたところ、Diddy側は拒否したとのことで、まだ事の真偽は定かではない部分があるようだ。

別記事でも紹介しているが、この少年モデルの写真を、様々なアーティストがアレンジして反差別のアートワークを制作しており、一転レイシズムへの抗議のシンボルとなりつつある。

RELATED

Will.i.amが飛行機の客室乗務員から人種差別を受けたと語る

言わずと知れたBlack Eyed PeasのリーダーであるWill.i.am。そんな彼が、飛行機でとある客室乗務員から受けた対応について語り議論を呼んでいる。

Diddyが本名を「Sean Love Combs」に改名

Bad Boy Recordsの創設者でありヒップホップシーンきっての大富豪であるDiddy。たびたびステージネームを改名することでも知られる彼が、なんと今度は本名の方を改名したようだ。

Jay-Zがアリゾナ州フェニックスで警察から銃で脅迫を受けた家族のために弁護士を雇う

アメリカでは、警察による有色人種への差別や不当な取り調べが長らく問題視され続けている。先月、アリゾナ州フェニックスである家族が警察によって理不尽な取り調べを受けた上に銃で脅迫された事件が発生し、その解決のためにJay-Zが動いているようだ。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。