Travis Scottが次作『Astroworld』にはスティーヴィー・ワンダーを参加させたいと明かす

Travis Scottが現在制作中のニューアルバム『Astroworld』についてBillboardのインタビューで話している

Travisはアルバムのゲストとして、スティーヴィー・ワンダーを参加させたいと考えているようで、スティーヴィーの2人の息子に対して、現在もオファーを行っている最中であるという。

またレーベルのディレクターによれば、『Astroworld』はTravisの地元であるヒューストンにインスパイアされたものとなる予定で、ヘビーなサウンドのものとなるという。

さらにTravisは新作にKanye Westが参加していることを示唆しており、「おれは彼に何曲か聴かせたよ、おれ達は常に話しているし、常に一緒に制作している。おれは毎日のように彼を見ているよ」と親密な関係であることを匂わせている。

『Astroworld』は今年は確実にリリースされる予定だという。楽しみに待ちたい。

related

Travis Scottが映像プロダクションA24と契約|映像作品『Utopia』を発表か

Travis Scottが、映画『ムーンライト』や『ミッドサマー』、ドラマ『ユーフォリア』をはじめ数々の作品を発表してきたプロダクションA24と契約したことが明らかになり話題を呼んでいる。

Travis ScottとDIORのコラボレーションコレクションが発表

DIORがサマー 2022メンズ コレクションで、Trvais Scottとのコラボレーションを行うと発表した。

Travis Scottプロデュースのアルコール飲料「Cacti」の詳細が明らかに

今年の9月、オリジナルのアルコール飲料「Cacti」を発売予定であることが報じられたTravis Scott。今回、そんな「Cacti」の詳細が発表され話題を呼んでいる。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。