StormzyがTwitterでファンに頼まれ、彼の父親の葬儀でパフォーマンス

「Stormzyと曲を作っている」と母親に嘘をついてしまった無名のラッパーを助けるなど、困っているファンに手を差し伸ばすことで知られるStormzyに新たなニュースだ。

12月14日に"Blinded By Your Grace Pt. 2" featuring MNEKのミュージックビデオをリリースしたStormzyであるが、このリリースを告知するツイートに対しファンが次のようなリプライを投稿した。

 


「父が先週の金曜日、僕の卒業式の日に亡くなってしまいました。僕と父はあなたのblinded by your graceが大好きでした。次の木曜日、彼の葬儀でパフォーマンスをしていただけないでしょうか。無理だったら気にしないでください。ただ、自分の運にかけてみようと思ったんです。」

これに対し、Stormzyは


「DMを送るからフォローしてくれ」と返信。

そして、驚くべきことにこれは実現したよう。昨日ツイッターにその時の模様がアップされている。

 

 

Stormzyは10月に 「Stormzyと曲を作っている」と母親に嘘をついてしまった無名のラッパーを助けたことでなく、5月にはイギリスの女子学生がハーバード大学に進学するための授業料を援助したことなど、これまでもファン思いのエピソードが報じられてきた。

Stormzyが12月14日にリリースした"Blinded By Your Grace Pt. 2" featuring MNEKのMVはこちら。

 

(辻本秀太郎)

related

COMME des GARÇONSとSWITCHによる新プロジェクト『People of the Year』がスタート | Stormzyや大坂なおみ、Patti Smith、山口一郎など選出者の作品を川久保玲がデザインしたアイテムが公開

COMME des GARÇONSとその年にめざましい活躍をした人物とコラボレーションを行うプロジェクト『People of the Year』。第一回目となる今年は創刊35周年を迎えた雑誌SWITCHがプロジェクトパートナーとして参加している。

Stormzyが今後10年間で約13億円を黒人支援の団体に寄付することを約束

今やUKを代表するアーティストの一人であるラッパーStormzy。これまで様々なチャリティ活動でも成果を上げてきた彼が、今回アメリカでのジョージ・フロイドさん殺害事件を契機とした「Black Lives Matter」運動を受けて、今後10年の間に黒人の地位向上のための団体に1000万ポンド(約13億円)の寄付を行うことを約束した。

StormzyがUKグライムやドリルを自身の楽曲に取り入れるDrakeを称賛する

今年3月に来日公演を開催するUKのトップラッパーStormzyがCharlamagne tha Godとのインタビューで、DrakeがUKグライムやドリルを自身の楽曲に取り入れている事を称賛した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。