ブラックメタルの30年の足跡をさかのぼる大著『ブラック・メタル サタニック・カルトの30年史』の日本語版が刊行

この世で最も危険な音楽とも言われるブラック・メタルの30年にわたる歴史をさかのぼる叙事詩的大著、『Black Metal: Evolution of the Cult』の日本語版が12/15に刊行される。

イギリスのメタル雑誌『Metal Hammer』や『Record Collector』などで活躍するライターのダイヤル・パターソンが執筆した『Black Metal: Evolution of the Cult』は、貴重なインタビューと写真も掲載し、30年の歴史をさかのぼる。登場するバンドはVenom、Mercyful Fate、Bathoryなどだ。日本語版『ブラック・メタル サタニック・カルトの30年史』の監修は世界で活躍するジャパニーズ・ブラック・メタル・バンドSIGHの川嶋未来がおこなった。

ammkicihajjehghe

「誰よりもVenomを上に置くべきなんだ。
Venomこそ本当に、こういうバンド全ての始まりなんだよ、
HellhammerもMercyful Fateも、Bathoryなんか特にだな、すごく影響を受けてる。
後期の作品となると俺はもう関係ないけど、初期のアルバム、
中でもファーストは、ブラック・メタルのアルバムすべての原型だよ」
――トム・G・ウォリアー(Hellhammer/Celtic Frost)

「俺はMotorheadにはまってたんだよ……それが80年代の初め頃、
“おまえにぴったりのアルバム見つけた"って友達に言われて。
それがVenomの『Black Metal(ブラック・メタル)』だったんだ。
そりゃもう、それまで俺が聴いた中で一番さ、最高にタフでクールで生々しくて――
曲といい、歌詞といい――当時あれよりクールなアルバムなんてなかった」
――ネクロブッチャー(Mayherm)

Info

eieigfccefakfoaf

『ブラック・メタル
サタニック・カルトの30年史』

ダイヤル・パターソン[著]
島田陽子[訳]

川嶋未来(SIGH)[ 監修]

A5・並製・530頁予定
定価:本体3,200 円+税
ISBN : 978-4-86647-015-3

http://diskunion.net/dubooks/ct/detail/DUBK170

related

ハードコア・テクノのムーブメントに迫る書籍『ハードコア・テクノ・ガイドブック オールドスクール編』が発売

90年代初頭にドイツやアメリカを中心に巻き起こったハードコア・テクノのムーブメントに迫る書籍『ハードコア・テクノ・ガイドブック オールドスクール編』が7月12日に発売される。

小林泉美が手掛けたリズム絵本『エイト・オー・エイト – 声と手拍子で遊ぶリズムの絵本 -』の記念イベントが代官山 蔦屋書店で開催 | MUROもDJで出演

小林泉美が手掛けた音楽リズムを学べる児童書『エイト・オー・エイト – 声と手拍子で遊ぶリズムの絵本 -』の発売を記念したイベントが、4/2(金)に代官山 蔦屋書店で開催される。

『Verzuz』での4年ぶりのライブも話題となったD'Angeloの名作『Voodoo』を読み解く書籍が刊行

先週末に話題のプラットフォーム『Verzuz』で4年ぶりとなるライブを行い話題となったD'Angelo。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。