Eminemのトランプ大統領ディスを受けて、YGが「最初にディスったのは自分だ」と主張

昨日のBET Hip Hop Awardsのフリースタイルに登場したEminemが、トランプ大統領をこき下ろしたのは大きな話題となっている。Eminemは大統領を「Donald the Bitch」や「レイシストじじい」と罵った。そのフリースタイルの反響の大きさに、思わず苛立ってしまったのがYGだ。

昨日のEminemのフリースタイルにはJ. ColeやNFLの国歌起立問題で口火を切ったColin Kaepernickも賞賛の声を上げている。

それに対し"FDT"(Fuck Donald Trump)を昨年リリースし、トランプ大統領批判の急先鋒となったYGが、現在は削除されているツイートで苛立ちをみせている。

yg-wants-credit-for-dissing-donald-trump-before-eminem

YGは「おれたちは1年前からトランプをディスっているのに、クレジットを得ていない」と自分たちこそが、最初にトランプ大統領をヒップホップシーンでディスったことを強調。

yg-wants-credit-for-dissing-donald-trump-before-eminem-2

YGはさらに返す刀で、NFLの国歌起立問題で、抗議する選手に警告を発したダラス・カウボーイズのオーナーに対し、「カウボーイズのオーナーもクソったれだ。あいつは奴隷の所有者」と批判を加えた。

これらのツイートをYGは「酔っ払ってしまったせい」と後で釈明している。

 

RELATED

Vic Mensaがトランプ大統領は「ほぼラッパーみたいなものだった」と語る

先日、自身の新曲“Camp America”をリリースしたVic Mensa。楽曲のリリースとともに公開されたMVは、トランプ大統領の移民政策の内の1つである移民の子供達を、アメリカの国境付近の収容所に収容するという政策を批判するもので、大きな話題を呼んでいる。そんな中、VicがMSNBCの番組『The Beat with Ari Melber』に登場。ヒップホップシーンとトランプ大統領の関係性について語っている。

Jimmy KimmelがYGのギャングスタなリリックをお年寄りのために翻訳する

先日リリースされた新曲“Go Loko”が話題となっているYG。そんな彼は攻撃的なリリックとサグなスタイルで知られるラッパーだが、今回、“Go Loko”のリリックを人気コメディアンJimmy Kimmelがお年寄り向けに「翻訳」することを試みている。

YGが故Nipsey Hussleの墓の隣でマリファナを吸い追悼を行う

4月1日に命を落としたことが報じられて以来、多くのアーティストがNipsey Hussleの追悼を行なっている。そんな中、生前の彼と”FDT“などの楽曲をリリースし盟友としても知られたYGが、彼の墓の横でマリファナを吸い追悼を行なったようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。