人気俳優ジョナ・ヒルがPost Malone激似になったと話題に

ヒップホップシーンにも多くのファンを持つ人気俳優のジョナ・ヒルの風貌が、"Congratulations"などのヒットで知られるPost Maloneに似ていると評判になっている。

ジョナ・ヒルは長いブレイズを三つ編み状態にし下ろしており、手の甲にはタトゥーが見え隠れしている。

このジョナ・ヒルの姿にSNSは大きく沸き立っているが、もちろん彼は特にPost Malone役を演じる予定ということではなく、Netflixで放送される『Maniac』の役作りの一環としてPost Malone風のルックスになっているのだ。きつい体重の増減量も華麗にこなし、役柄になりきるジョナ・ヒルは、まさに名優といわれる所以である。

related

Post Maloneが新型コロナウイルス支援として敬愛するNirvanaのトリビュートコンサートを自宅から開催

Nirvanaの熱狂的ファンとして知られ、手の指にKurt Cobainのタトゥーを入れているPost MaloneがNirvanaトリビュートコンサートを開催する。

9月に開催される『SUPERSONIC』にPost Malone、Wu-Tang Clan、Skrillex、The 1975、Dominic Fike、Beabadoobee、Easy Lifeなどが出演決定

『SUMMER SONIC』のスペシャル版として、9月に開催される『SUPERSONIC』の第一弾アーティストが発表となった。 東京が9/19~9/21の3日間、大阪が9/19~9/20の二日間と変則的な開催となる『SUPERSONIC』。最終日の東京のトリにはPost Maloneが登場。他...

ジョナ・ヒルの初監督作品『mid90s ミッドナインティーズ』の日本公開が決定 | Pharcyde、Wu-Tang Clan、A Tribe Called Questなど90年代の名曲をサントラに使用

『ウルフ・オブ・ウォールストリート』、『マネーボール』、『21ジャンプストリート』などの出演で高い評価を受け、またヒップホップやスケートカルチャーへの深い愛と造詣を持つことでも知られる俳優ジョナ・ヒル。そんな彼の初監督作品である映画『mid90s ミッドナインティーズ』が、9月4日(金)より日本公開されることが決定した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。