Kendrick Lamarが『good kid, m.A.A.d. city』は何度も修正を繰り返して今の形になったと語る

Kendrick Lamarのメジャーデビュー作『good kid, m.A.A.d. city』。グラミー最優秀アルバム賞を受賞し、すでにもうヒップホップの歴史に残る名盤として、語り継がれる作品となったこのアルバム。実はリリースされるまでに何度も大きな修正が施されていたことが明らかになった。

BillboardのインタビューにKendrick LamarとTop DawgのAnthony Tiffithが登場。Kendrick Lamarは『good kid, m.A.A.d. city』のアルバムは今の形になるまでに、幾度も大きな変更があったと言及した。「全世界に発表する前に、違うgood kidを3、4回作った。曲も違ったし、何もかもが今と違う時もあった。それについて話をしたいけど、葬らなければならかった。『葬る』ということは俺の全てだ。いい曲かもしれないし、フックも最高かもしれないが、きちんと葬らないと最高のアルバムにはならない」と彼は語った。

Kendrick Lamarの葬りは『DAMN.』の最後に収録されている”DUCKWORTH.”にも行われていたようだ。「最初の二回はうまくアプローチすることができなかった。9th Wonderの作ったビートが好きだったから、アイディアが出てくるまで何度も何度も書き直したよ」とのこと。

“DUCKWORTH.”の歌詞はTop DawgのAnthony Tiffithが、Kendrick Lamarの父親が働くケンタッキーフライドチキンに強盗に入る話である。このKendrick Lamarの運命を変えたかもしれない、宿命的な日についてのストーリーは実話だというが、Anthony Tiffithはこの曲を聞いた時、とてつもなく心打たれたと話した。

他にもこのインタビューでは、Top Dawg Entertainmentについてのことや、Kendrickの過去の貧しい生活のこと、そしてAnthony TiffithとKendrick Lamarの二人の間の信頼関係などについて語られている。インタビュー全文はこちらから。

RELATED

Kendrick LamarとSnoop Doggがそれぞれ故Nipsey Hussleとの思い出を語る

4月1日、銃撃によって命を落としたことが報じられたNipsey Hussle。多くのアーティストが彼に対する追悼を行なっている中、生前の彼と親交のあったKendrick Lamarが追悼のメッセージを公開している。

ScHoolboy QがKendrick Lamarが9人の観客の前でライヴをしたエピソードを明かす

今では世界中でワンマン公演を大規模に行っているKendrick Lamar。ライヴチケットはプレミアとなっている彼もまた、少人数の観客の前でパフォーマンスをした経験があることを、TDEの盟友ScHoolboy Qが明かした。

Offsetがアルバム『FATHER OF 4』でKendrick Lamarをゲストに迎えようとしていたことを明かす

先週金曜日にリリースされたOffset初のソロアルバム『FATHER OF 4』。プロデューサーにSouthsideとMetro Boominを迎え、J. ColeやGunna、Cardi B、Travis Scottなどをフィーチャーした豪華なメンバーの同作だが、OffsetはさらにKendrick Lamarが参加する楽曲を制作しようとしていたという。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。