2017年上半期で最も成功したソングライターのベスト3をヒップホップ勢が独占

アーティストへの印税支払いなどを請け負うプラットフォームRoyalty Exchangeが、2017年の上半期に最も成功したソングライターリストを発表、ヒップホップアーティストがベスト3を独占する形になった。

トップになったのは1~3月のランキングでもEd SheeranやTaylor Swiftを下し1位となったMetro Boominが獲得。2017年すでに9曲をビルボードトップ100チャートに送り込んでいる。主な楽曲はMigosの"Bad and Boujee"やPost Maloneの"Congratulations"、Kodak Blackの"Tunnel Vision"、Futureの"Mask Off"などだ。

2位はフィーチャリング王の名をほしいままにするMigosのQuavo。なんとMigos名義の楽曲も含め19曲がビルボード トップ100チャートにランクインしている。下半期もQuavoへのフィーチャリングオファーは殺到するのは間違いなさそうだ。

対照的に自身のアルバム『DAMN.』から17曲がトップ100チャートにランクインしたKendrick Lamarが3位のポジションに。フィーチャリングワークはほとんど行っていないなかで、トップ3にランクインは素晴らしいというしかない。

4位にようやくEd Sheehanがランクイン、5位はDrakeとまさにヒップホップ勢がチャートを圧倒している。ランキングの詳細はこちらから。

related

Quavoが約10年越しに高校卒業資格を得たことを発表

言わずと知れたMigosのメンバーとしてスターとなったQuavo。そんな彼が、人生の大きな節目を迎えたようだ。

Kendrcik LamarとJ. Coleのコラボプロジェクトの噂をTDEのトップが否定

長い間リリースの噂が囁かれ続けているKendrick LamarとJ.Coleのジョイントプロジェクト。たびたび実現を仄めかすような情報が内部から出てくることでファンの間でも期待が広がっていたが、そんな二人のコラボアルバムについてKendrick Lamarの所属レーベルTDEのボスが明確に否定を行っている。

Thundercatが「ニートtokyo」のインタビューでKendrick Lamarの新作に参加していることを明かす

ニューアルバム『It Is What It Is』を4月にリリース予定のThundercat。先行曲“FairChance”や“Dragonball Durag”も話題となっている彼が、日本のインタビューメディア「ニートyokyo」に登場した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。