2017年上半期で最も成功したソングライターのベスト3をヒップホップ勢が独占

アーティストへの印税支払いなどを請け負うプラットフォームRoyalty Exchangeが、2017年の上半期に最も成功したソングライターリストを発表、ヒップホップアーティストがベスト3を独占する形になった。

トップになったのは1~3月のランキングでもEd SheeranやTaylor Swiftを下し1位となったMetro Boominが獲得。2017年すでに9曲をビルボードトップ100チャートに送り込んでいる。主な楽曲はMigosの"Bad and Boujee"やPost Maloneの"Congratulations"、Kodak Blackの"Tunnel Vision"、Futureの"Mask Off"などだ。

2位はフィーチャリング王の名をほしいままにするMigosのQuavo。なんとMigos名義の楽曲も含め19曲がビルボード トップ100チャートにランクインしている。下半期もQuavoへのフィーチャリングオファーは殺到するのは間違いなさそうだ。

対照的に自身のアルバム『DAMN.』から17曲がトップ100チャートにランクインしたKendrick Lamarが3位のポジションに。フィーチャリングワークはほとんど行っていないなかで、トップ3にランクインは素晴らしいというしかない。

4位にようやくEd Sheehanがランクイン、5位はDrakeとまさにヒップホップ勢がチャートを圧倒している。ランキングの詳細はこちらから。

related

グローバルな音楽ディストリビューター『SPACE SHOWER FUGA』が誕生

昨日9/1にオランダ/アムステルダムを拠点に業界最先端のディストリビューションシステム、アナリティクスシステム、 印税計算システムなどを提供しているFUGA社とスペー スシャワーネットワークのジョイントベンチャーにより、SPACE SHOWER FUGAが誕生した。

QuavoとChris Brownがバスケットボールの腕前を巡り挑発し合う

ヒップホップとバスケットボールの繋がりは深く、中にはプロ顔負けの腕前を誇るラッパーも少なくない。NBAの「セレブリティオールスターゲーム」など、ラッパーたちが参加するバスケットボールの試合はプロの試合にも負けないほど大きな注目を集めるが、今回、QuavoとChris Brownがバスケの腕を巡り火花を散らし合っている。

Kendrick Lamarらによる新会社pgLangがCalvin Kleinとコラボしたショートフィルム8本を公開

昨年、Kendrick LamarやBaby Keem、ビデオディレクターのDave Freeらによって設立が報じられた新会社pgLang。そんな同社がCalvin Kleinとコラボして制作した8本のショートフィルムを先週公開した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。