非公認のリミックスやDJミックスの著作権管理を行うDubset社がSony Musicと契約

Apple MusicとSpotifyでも非公認のリミックスをストリーム可能にするサービス『Dubset』がSony Musicと契約した。Sony Musicレーベルのアーティストの楽曲を使用したリミックスで収益を得ることを許可する契約であるとのこと。

普及したとはいえ、ファンやDJによるリミックスをネット上で公開する行為は著作権管理の問題を考えるとリミックスはグレーゾーン。リミックスを配信したいアマチュアアーティストのために、登場した『Dubset』。自作のリミックスなど非公認楽曲を、Apple MusicやSpotifyのプラットフォームで配信するための、著作権管理をするサービスである。

そんな『Dubset』とSony Musicが契約を結んだ。『Dubset』とメジャーレーベルが契約するのは今回が初。Sony Musicレーベルの人気楽曲を使用したリミックスを配信することを容認するようだ。曲によってはリミックスを規制するものもあるようだが、それでも大半のSony Musicレーベルの楽曲は使用可能になると『Dubset』のCEO、Stephen Whiteが明らかにした。

「Sonyは契約を結ぶことに関してオープンであった」と『Dubset』のコンテンツマネージャーAlex Diasは語る。「支払われるロイヤリティだけではなく、過去の楽曲たちを新たにまた活性化させることができる」とのことで、Sony Music側にもメリットがあるようだ。

リミックスをシェアするプラットフォームとして人気だったのはSoundcloudだが、Apple MusicやSpotifyなどのストリーミングサービスでもDJミックスが聞けるようになると、さらにSoundcloudのユーザー減少の加速も予想される。

related

DJやダンスミュージックシーンとSNSの関係を映すドキュメンタリー『INSTA DJ』

PioneerDJが公開したDJやダンスミュージックシーンとSNSの関係を映すドキュメンタリー『INSTA DJ』に日本語字幕が新たに追加された。

ストリーミングDJサービスBeatport LINKのβ版がRekordboxで利用開始

600万ものトラックを利用できるDJの為のサービスBeatport LINKがRekordboxでベータ版の利用が始まった。現段階ではMacユーザーのみとなっており、完全版は今秋にローンチされる予定だ。 Beatport LINKは月額$14.99ドル(約1600円)で600万ものトラックにア...

シカゴの乗り継ぎ駅にラジオ局とDJブースが誕生することに

さすがダンスミュージックの聖地といったところだろうか。シカゴの中心部を南北に縦断する路線Red Lineの95th Street駅が改良工事をおこない、駅構内にパフォーマンスのためのスペースやラジオ局とDJブースが設置されることになったと地元紙が伝えている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。