BAL 2017AWのLOOKが公開 | テーマは「Forever Nevermore」

都市環境に順応したトータルウェアとグラフィックの提案をコンセプトに掲げる、BALの2017AWのLOOKが公開となった。テーマは前期に引き続き「Forever Nevermore」

デトロイトのMoodyなハウスアーティストの作品名からインスパイアされたコレクションは、レイブやクラブミュージック全盛期の空気が漂う。

マルチポケットのMA-1タイプジャケットやスタジャン、フェイクファーのムートンコートなどに、ネオンカラーのボディカラーが映えるグラフィックシリーズなどがラインアップ。

さらにグラフィックアーティストのHIROSHI IGUCHIデザインのTシャツや、PORTERとのコラボレーションはPORTERらしいナイロンボンディングシリーズを展開している。

またpooteeが撮影・制作を行ったムービーも公開となっている。

 

http://baloriginal.com

クレジット

Photo
Model : Ryuji Sue
Still : Junpei Ishikawa

Video & Director : pootee

Model: aReK,Tikini, Louise
Music:H3000 - JORDY

related

BEST BUY 2020 Selected by KENTARO KABAYA(BALデザイナー)

今回は、音楽や様々なカルチャーに造詣が深く、ファッションブランドBALのデザイナーを務めるKENTARO KABAYAのベストバイ。

BALがOUTDOOR PRODUCTSとのコラボバッグを発売

BALが1973年にLAにて誕生したアウトドアブランドOUTDOOR PRODUCTSとのコラボレーションバッグを発売する。

BALがAutumn/Winter 2020 collectionのLOOKを公開 | Jose Parla、tomo&co、outdoor productsとのコラボアイテムも

「アーバンライフをベースとしたハイクオリティーなモダンカジュアルウエアとグラフィックの提案」をテーマに活動しているBALが、Autumn/Winter 2020 collectionのLOOKを公開した。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。